2013年4月29日月曜日

【Mini-Z】ミニッツコース閉鎖

 Joshinアウトレット岩岡店のキッズランドに設置されていたミニッツコースが、ついに閉鎖の運びとなってしまいました。


 ほぼ、丸三年お世話になったコースの閉鎖に、多少気落ちしています。
 たしかに、あんまり売り上げに貢献してきませんでしたので、文句を言えないところながら、走らせる場所のないラジコンほど虚しいものはない。

 三階のエレベーター前にある無駄なスペースに設置しなおしてくれないかな……。

 幸い、ミニッツを走らせる場所としては、Joshinの近くに、HSLがあるので難民になることはないんですけど。ウレタンコースが近場からはなくなっちゃうんだよなー。

 ここは、Joshin難民の皆さんは、HSLのお徳回数券なり年間フリーパスなりを振るってご購入あって通い詰めましょう。 


 気を取り直して。

 そのHSLで……。


 こういうモノを1000円で不良在庫処分に協力してきました。
 これで、F1のボールデフができあがるって寸法。

 ぼちぼちとオプションパーツを組み込んで、それなりのセットにして気持ちよく走りたいF1。
 タイヤに続いて、これでボールデフが装着されます。


 ギヤデフでも走りにはそんなに影響ないと思うけど、ゴールドなのがいかにもオプションパーツ。


 デフプレートが結構ピカピカ。
 スクエアのポリッシュプレートなので、磨かなくてもいいはずのやつ。

 まぁ、いっぺんにやってしまわず、ゆっくり仕上げていくとしましょう。


2013年4月24日水曜日

【Mini-Z】VEの線切れたった

 よく切れるよく切れると言われながら、これまで「切れてなーい」(古)VEのモーターコードがついに切れた。

 そもそもの発端は、Zengさんが走行中にモーター根元の線を切ったという情報を得たことからだった……。
 コードの負担がかかるところは、シューグーなりスーパーXなりで固めておこうと、分解したときだ。
 どうも基板側の線がぷらぷらしている。

 ちょっとひっぱったら、プチって切れた。
 なんというカルシウム不足!


 赤い線と黄色い線がやばい。
 青い線はまだ大丈夫だったけど、すべてハンダし直すことにした。


 やり直しなのだから、純正みたいにカシメ端子で立ち上がり接続はせずに、寝かし気味で。
 ……青い線が黒に変わっている。

 いや実は、青い線を取って皮むきしているとき、モーター側のコネクタ部分が、プチって切れた。
 今度はそっちか!
 と、反対側も皮むきして、被覆をむしりとるとき、中の銅線も一緒に抜けてきたという。


 今まで電気工作を幾たびかやってきているけど、こんな仕打ちは記憶にない。
 抜けた瞬間、乾いた笑いが出た。
 というわけで、手元にあった単四用電池ボックスの配線が、ちょうどいいスケアだったので、流用。黒い線に変わったのである。


 モーターの方もシューグーで補強しておいた。
 こんなところが切れられたら、もうどうしようもない。


 動作確認。
 とりあえず動いたみたい。


 収縮チューブ巻いて、タイラップでまとめて完成。
 今日は休みで昼からジョーシンでも行こうかと思っていたのに、とんだ足止めだぜ!

 しょうがないから、撮っておいたSuperGTの開幕戦を消化した。
 HSV速いなぁ。
 小暮も塚越も最終コーナーまで攻め気まんまんで、見てるこっちが緊張する。
 今年こそRAYBRIG無双になって欲しい。

2013年4月20日土曜日

【Mini-Z】明日の二台的なもの。

 明日日曜日はRRCのレース第四戦です。

 ずいぶんあったかくなったかと思いきや、なんか雨降ってるし肌寒いし、着て行く服も迷う微妙な気温。
 路面グリップはいかに?

 第四戦のレースカテゴリは、オープンクラスとRMクラス。

 RMはワイドレイアウトも含んでいるので、再びGTカーボディが使える!
 つうわけで、オープン、RMともにGTで行きます。


 今回のホンダ勢はARTAから、RAYBRIGにシフト。
 ようやく本戦で使う気になったメッキボディと、ヤフオクで買ったオリジナル塗装のボディ。
 走っている姿はなかなかカッコよろしい。

 今回はあの邪魔くさいSC430やかっこいいカルソニックR34が参加できないようなので、GT祭りもちょっと寂しいけど、いくしかないようだ。

 いくしかないようだ。

2013年4月17日水曜日

【Mini-Z】HiTEC X4 Advanced

 ハイテックから新発売のAAAサイズニッケル水素電池充電器『X4 Advanced』を買った。



 現在使用していて、ミニッツやっている人には定番の、パワーレックスMH-C9000に代わる充電器として2個GET。
 特徴はアナウンスにあるとおり、スマホと連動!
 あと、内部抵抗やら充電時の電池温度やら、状態のいい電池を知るためのデータが読める。
 そのへん、MH-C9000ではできなかったこと。


 さっそく、スマホとペアリングしてみた。
 iPhone用のアプリも開発中(というかAPP申請中?)なので、そっちでも対応可。
 
 最初、Nexus7(4.2.2)でペアリングしたら、コネクティングしたとたん強制終了していて、アプリの脆弱さ加減でがっかりした。
 その後、Xperia arc(2.3)ではそれなりに動いたのでよかったわけだけど、それでもときどき強制終了しやがる。
 そんで、Nexus7でもつながるようになったものの、UIのグラフィックがズレて表示されるという……。
 さっさとアップデートしましょうね。


 接続と動作確認ができたので、PIT-BOXに設置する。


 MH-C9000よりひとまわり小さいおかげで、特に問題なく設置完了。
 充電器背面にファン(排気じゃないみたい)がついているので、使用時はスタンドを立てておかないとヤバそう。

 で、スマホとの連携だけど、これが思った以上に便利。
 MH-C9000では、セルごとに充放電の値をセットしていたけど、これでは一括セットができる。
 充放電中の各種データも、主なものは四本いっぺんに表示されているので、スマホでスクリーンショットを保存すれば、決めた時間のデータが保存できる。
 そこは手動だけど、MH-C9000のことを思えば、なんの手間でもない(笑)。



 アプリのほうで、あらかじめ設定した時間になるとスクショ撮る機能でもつけば、なお完璧なんだよねー。

 で、UIの下にある「詳細情報」をタップすれば。


 単セルごとのデータが表示される。
 重要視するのは、やはり内部抵抗。
 こいつが小さい方が、元気のいい電池ということになる。

 これで似た状態の電池四本を1セットでパックしやすくなるので、これから重宝しそうな充電器です。


2013年4月15日月曜日

【Mini-Z】広島へ行ってきた。

 前回エントリのとおり、広島のミニッツミーティングに行ってきた。
 ミーティングという公式戦とは一線を画すはずのイベントも、ミニッツカップの代表権がかかった今年最初のレースだけに、この界隈で見たことあるようなツワモノが揃い踏みという。

 車輪村のイベントの中でミニッツレースをやっていたわけだから、ミニッツ以外にもみるべきところはいっぱいあった。

 とりあえず会場。


 小学校の体育館。
 グラウンドは駐車場で、他の空いた敷地内では、バイクやらカスタムカーやら水着のおねーちゃんやらでいっぱいだった。






 86の向こう側に止まっているのはプリウス。
 チーム『広島トヨペット』のデモカーで、車輪村へいくワインディングを、5人乗りマジェスタをぶっちぎる勢いで駆けていった恐るべき車。

 K氏「ノーブレーキで突っ込んだ!? この俺が追いつけない」
 H氏「羽がはえてるよ!」

 てな平和な会話が繰り広げられるマジェスタの車内で、自分だけ(後部座席真ん中なので)体を支えるところがなくて体温上昇。


 コース。
 割と平凡なレイアウトながら、途中にある分岐がトリックポイント。
 侵入速度を間違えて迷うとフェンスにあたる。
 速度オーバーと思ったら迷わず真っ直ぐいくのがいいらしいけど、もともと奥に入って真っ直ぐ抜ける、を想定していたので、とっさの判断などできん。
 今にして思えば、真っ直ぐ行ったほうが無難な走りができたんじゃないかと。
 ただでさえ、初めてのフルコースだったので、緊張して手が合わなかったし・・・(笑)


 ピット。
 ボディはシルビアS15。
 S15です!
 S14じゃありません!!!

 予選は5番のゼッケンをもらいました。
 JSCCは50人強の参加で、時間の前倒しでHメインまで決勝をやることになりました。
 はっきり言って、初めて決勝レースを走る大チャンス。

 公式戦ならこうはいかない。

 で、練習一回と予選二回は2分だけ。
 そんなんで初見のコースに慣れろっつうのだから、場数とセンスが要求される。
 両方持ち合わせてないマルコは、38位!
 
 Hメイン3番で決勝を走ることに。
 ほんとぎりぎりでした……。

 予選ではジョーシンでグッドと思ったセッティングが、どうも逆に作用したみたいで、フロントの感度が強く、何回かこけてしまったので、全然タイムが安定しなかった。
 遅くてもミスが少なければいいんだろうけど、遅いうえにミスしまくりなので、まぁそういう結果でした。

 決勝では急遽、フロントタイヤをK氏よりお借りして、それまでとは違う組み方に望みをかけました。
 それでも不安だったので、ステアリングトラベルを95まで落としてアンダーめで行ってみた。


 決勝Hメインの3番グリッド。
 さすがに緊張したわ。


 iphoneの光学ズームじゃ見えないな。
 決勝のゼッケンは3。

 レース前半は黒歴史。あんまり覚えていない。というかセーブ機能は拒否した。
 あとでこたつファクトリーさんのところで見れるようになるとおもうので、そのときに確認でも。

 ただ、2分過ぎたあたりから、ようやくコースに慣れてきたっぽく、そして上位が揃ってミスしたので、なんかいけるんちゃう? とか思う場面もあった気がする。
 その直後くらいに、ちょうど3位を走ってて、上位2台がともに接触したとき、自分も離れたところでミスってたのを覚えている(爆)。
 そのときミスしなければ、トップ争いに噛みこんだだろうけど、結局は1位に追いつけず2位でゴール。
 決勝4分だったから、慣れた頃に終わってしまった。
 それだけ、ミスをする/しないの明暗が強く分かれるということだねー。

 あー。ジョーシンもタイトなヘアピンレイアウトばっかりじゃなくて、斜めに抜けていくクランクみたいな区間も欲しいなぁ。
 走ってて苦手意識を覚えた。

 次があれば、もう少しマシに走りたい。
 それにしてもJSCCクラスはおもしろい。

 

2013年4月12日金曜日

【Mini-Z】ミニッツミーティングIN車輪村

 いよいよ次の日曜日に迫ってきました車輪村のミニッツミーティング
 行ってくることに決定。

 フルサイズのウレタンコースは京都以来だけど、その京都ですらいくらも走ってないぞ。
 さすがに甘く見すぎか……。

 今回参加のJSCCクラスは、ナローRMマウントのシャシー。搭載ボディはおそらくトヨタ86とかZが大半であろう。そこへ、S15で参加する……。
 参加人数は70人のエントリーが確認されているそうで、レース決勝はFメインまで。
 31名が決勝を走れるそうで、なんとか決勝を走りたいもんだ。
 参加費2000円払って予選だけじゃ悲しすぎる、が、半分は篩にかけられるんだし、結構緊張。

 予選落ちしたら涙をふきながら、他のイベント見にいくさ。


・レーシングカーの展示・デモ走行(GC-21レースカー)
・【木下真輔】エクストリームバイクデモンストレーション
・【ブルーパンサー重松健】ドラッグレース用バイクの展示・デモ走行
・ヒストリックカーミーティング
・スーパーカーの展示(コブラCSX6000・レクサスLFAほか)
・イメージガール水着撮影会
・車、バイク、グッズ等の試乗・展示販売
・京商主催ラジコン・ミニッツミーティング
・飲食模擬店の出店
・わくわくチャリティ抽選会
・M Jバイク撮影会      etc・・・・・

 ってなイベントが開催されているわけだけど、あんまり興味をそそるものはないか。
 コブラはちょっと見ておきたいかな。


 そんなわけで、JSCC用のシャシー。


 ま、変わり映えしないS15さんです。
 しかしながら、フルコース対応で9Tかませました。
 アルカリ乾電池使用だけに、これがいいのか悪いのか(笑)

 そんで、どーも自分のだけか、京商の精度がクソなのかしりませんが、純正タイプのアルミモーターマウントで9T入れると、バックラッシュがきつく、転がり抵抗が強い感じになります。

 まぁ、前から気になっていたんですが、一緒に遊んでいた四Oばにらくんから余計なありがたい助言と両面テープをいただき、改善することに。
 四Oくんから「よー転がっとる」とお墨付きをいただいたのでだいじょうぶでしょう。

 これでレース当日も右に左に転がってやるぜ!

 さて、当日はどんな荷物で行けばいいのだろうか。
 あ、スリッパ持参を忘れずに!



2013年4月11日木曜日

【Mini-Z】MF-010を2.4GHz化

 以前に捨て値で購入していた、ミニッツのF1を2.4GHz基板に載せ替えた。

 2.4GHz基板は、Zengさんよりいただきました、MR-02からの移植を検討。
 うまく載せ替えて、ハコ車だけのところを、ちょっと気分を変えたモノを投入しようかと。
 ちなみに、ほとんど走らす機会のないMA-015AWDも、最近はドリ車と化しており、ハイグリップ60によるカーペット走行がちょっとおもろいかな、と。
 それはまたおいおい記事にするってことで。


 MR-02の本体をまるっと渡されました。
 金メッキ端子は使えるのかな~?


 早速、臓物を取り出しました。
 ガワは丁重におかえししまっておき、この基板をMF-010のAM基板と取り替えます。


 我がシューミー。
 やっぱフェラーリかっこいいぜ!
 AMだから飾っておこうと思ってたけど、2.4GHzになるんだったら、やっぱり走らせたいよな。
 レディセットのAMプロポいらんのだけど……。


 キャトルミューティレート。
 さすがに9年落ちのシャシーだけに、すでにプラ部品に割れのある箇所がチラホラ。
 しかもこのクリアケースもやばい……。
 あんま金かけたくないけど、スペア部品ものちのち必要かぁ?


 さくっと載せかえる。
 MR-02基板なら、取り付け時、特に問題となるような箇所はなかった。
 ただし、以下の点が標準と違う。

 ・スイッチのON-OFFが表示と逆になる。
 ・モーターの回転方向が違う。→プロポの設定でリバースにすればOK。
 ・ダンパー用のマウントが基板上のICSコネクターが邪魔で取り付けできない。

 スイッチは別にどうでもいい。
 ダンパーマウントはどうだろう? ここ最近のダンパーレスセットの流れで、F1もそれでいくか!問題ないな!!
 オプションのフリクションセットに、ICSをかわしたマウントが入っているんだけどな。

 基板を載せ替えたはいいけど、どうやらポテンションメーターが調子悪く、サーボが右にず~っと回っていた(笑)。
 AM基板のポテメと取替え、動作OK。


 完成。
 家のブロックカーペットで試走。
 ちゃんと走った……よかった……。
 しかし真っ直ぐが妖しいのと、ホンモノのF1が新品タイヤでパワーかけたときみたいなスピンが。
 これは一度、サーキットで走らせるしかない!
 どうか途中で煙ふきませんように。

2013年4月5日金曜日

【Mini-Z】NSX-GTのNewボディ

 ヤフオク!でこういったものを手に入れてみた。


 NSX-GT2003でレイブリックのカラー。
 これはオリジナル塗装の販売ではなく、中古。
 状態もそんなに悪くないのでポチった。

 ただし2003のボディは初めて。
 2007とはだいぶボディ形状が違う。
 重量はまぁ……気にしない方向で。


 2007のセットそのままで載せてみる。
 舵をきるとフロントタイヤがボディに干渉(笑)
 キット標準のオフセットでダメってさすが京商なめとるな。

 タイヤ径が薄いとギリ当たらない。
 リヤは2007よりいい隙間具合で、ちゃんと動く。


 HSVもレイブリックボディを出してみた。
 おお、今度のレースはARTA改めRAYBRIGでいくか!



2013年4月3日水曜日

【覚書】京商 Mini-Z 消耗品一覧

ミニッツをやっていく上で、消耗品となる部品、使用したオプションパーツなど、ネット通販などで、即ポチできるよう一覧としておく。
それとともに、リンクした商品について軽くレビュー&予想。

・リンクするネットショップ
【楽天市場】
主なショップ ・・・ Joshin web 家電とPCの大型専門店、マルサンホビー、ラジコンカー専門店 rainbow、榊原模型、ラジコン夢空間など。

----------------------------------

〈京商 Mini-Z MR-03RM/HM ナロー〉

〈京商 Mini-Z MA-015 AWD〉

〈京商 Mini-Z用機器等〉



2013年4月2日火曜日

【覚書】京商 Mini-Z用機器等

〈京商 Mini-Z用機器等〉


・イーグル模型 ピットステーションバック2
※本来1/10用ながら、ミニッツも機材が増えてくると、これくらいの収納バッグが必要になってきます。移動を考えれば、コロコロは付いている方が楽なのはいうまでもない。

・80461 ピットボックス
※ミニッツには相当ぴったりな収納箱。この箱自体で基地化できるので、さしずめ移動要塞といったところです。上蓋を開けると上下にスペースが結構あって、充電機器などを収納しておくか、ミニッツ本体を並べるといいでしょう。引き出しは三段あって、二段目までは同じ深さなので、パーツや工具を、下段はちょっと深いのでミニッツ本体などを入れておけます。

・メイホウ トレンディ #8200
メイホウ(MEIHO)トレンディ#8200
メイホウ(MEIHO)トレンディ#8200
価格:4,980円(税込、送料別)
※何を隠そう、上記ピットボックスと同じもの、というかOEM元です。色やロゴが違うだけで、値段は安い。


・MZW118 ミニッツ SPツールセット
京商 MZW118 ミニッツ SPツールセット
京商 MZW118 ミニッツ SPツールセット
価格:2,646円(税込、送料別)
※同じサイズの工具ならホームセンターでも安く揃えられるとはいえ、Mini-Zロゴの入った専用ツールなので、物好きは所有するべし。


・ハイテック AA/AAA Charger X4 Advanced
※ミニッツで使う単四ニッケル水素電池を充電する。一本ごとに充放電でき、スマートフォンとブルートゥースを使って連携し、操作や充放電中の電池のデータが読める。セルのマッチドに最適。


・36213 KRFモーターチェッカー Ver.2.0
KYOSHO 京商 No.36213 KRFモーターチェッカー Ver.2.0
KYOSHO 京商 No.36213 KRFモーターチェッカー Ver.2.0
価格:15,592円(税込、送料別)
※モーターの回転数を調べるツールです。ヘタリモーターの発見もできますね。3万回転以下はゴミ箱行きです。


ノートPC用 クーラーパッド
※ミニッツのクーリング用にちょうどいい大きさの、ノートPC用冷却ファン。USB接続。この手の小型ファンはモーターの寿命が結構短かったりします。



クレ CRC 2-26 180ml 
クレ CRC 2-26 180ml
クレ CRC 2-26 180ml
価格:480円(税込、送料別)
※モーターのドーピング剤。コミュにしゅっとひと吹きで、回転がよくなります。ただし、コミュまわりをまずパーツクリーナー等で洗浄して、ゴミを除去してからです! 汚れたまま吹き付けると、かえって汚れが拡大し寿命が短くなるようです。
※新ロットのモーターになってから使っていません。


・エーゼット AZ 日曜大工用オイル 100ml 031(オイル)
※ISO規格のVG10番オイルです。モーターの軸受けにちょうどいい粘度と思います。スピンドルオイルなので、メタルのみならずベアリングとかキングピンとか、潤滑材が欲しいところへマルチに使っています。


ピカール液 液状金属磨き 300g No.12000 日本磨料工業
※ボールデフのプレッシャープレート磨きだけでなく、シャフト磨きに使えます。


・メルテック CD-500 ファミリーインバーター 定格出力:500W DC12V用
※クルマで100V電気機器を使用する場合の、直流12V→交流100V変換器。500Wの容量なので、モーター系の突入電力にも対応します。電源のないところで、エアコンプレッサーを使用するのに重宝します。バッテリー端子直接接続タイプ。


・ナカトミ オイルレスコンプレッサー CP-100
※小型のエアコンプレッサーなので持ち運びに適しています。ショップ併設でないサーキットや、ダート走行させるときには必須の道具。電源は100VACですが、上記インバーターと組み合わせて、クルマを移動式ピットにしてしまいましょう。



・オートスーパーソニック洗浄機 MCE-3343(超音波洗浄機)
※主にベアリングの洗浄に使いますが、樹脂製部品や油汚れも落とせるので重宝します。








【覚書】京商 Mini-Z MA-015 AWD 消耗品一覧

〈京商 Mini-Z MA-015 AWD〉


・30530 ミニッツAWD MA-015 シャシーセット ASF2.4GHz
※本体です。売り切れ多いですね。AWDはジャイロを装着できる方が、直進が安定しますので、この新基板搭載モデル推奨。


・MZW2-60 ハイグリップタイヤ(60゚)
※2012年ミニッツカップの新設カテゴリー「ラリークラス」指定のタイヤ。ドリフト未満の中途半端なタイヤとはいえ、滑りすぎずコケないので、ウレタンコースでもえんえんと走り続けられます。
ジャイロの設定は、デフォルトではまともに曲がりませんので、相当低めにセットし直さないとだめでしょう。
※2013年度では、ふつうのドリフトタイヤがラリークラスで使用するタイヤとなりました。カーペットコースで60タイヤだと、本当にラリーチックな走りができますね。


・MZW37-30 ミニッツ レーシングラジアルタイヤ 30°
※ウレタンではリヤ用ですね。カーペットでは、溝がなくなり薄くなったラジアル30°(内外逆履き)をフロント、リヤは溝のあるラジアル30°とすれば、前後のバランスがいいような感じがする。


MZW37-20 ミニッツ レーシングラジアルタイヤ 20°
※ウレタンコースのフロント用ですね。目が消えかけたくらいのを内外逆履きにすると、アンダーとなりますがコケにくくなるでしょう。


・R246-1422 TE37 アルミホイル シルバー(オフセット+1.0)
※ハチロクとかの旧車用にアドバンA3Aとかハヤシとかスピードスターでも出てくれたらいいのに。そしてTE37ならばレーサー用で出してくれればいいのにー!というわけで、あまり選択の幅はないアルミホイールです。オフセットは+1.0で限界ですね、ハチロクの場合。

・MDW001 ボールベアリングセット
※例によって必須パーツです。もったいないので、メンテナンスは日課レベルで。

・2550 イーグル フルボールベアリング
※イーグルのベアリング。純正より安い。


・SGE-12FTB スクエア アルミフランジナイロンナット 2mm 五個入(ブルー)
※一回買ったら、そう消耗はしないしMR-03のように走行中の紛失もそう滅多にないのですが、品薄ですねぇ。


・MDW004 サススプリングセット(ミニッツAWD/S/M/H各2本入り)
※ノーマルサスペンション用のスプリングです。フロントタイヤに20°を履くとアンダーになるので、赤(ソフト)にすると若干緩和されます。ついでに、AWD特有のバタバタも少なくなります。
 ハイグリップ60°での走行では、フロント黄色(ハード)にして、しかもストロークを極端に制限した上で、キャンバーを3~4.5°にする。ジャイロ設定必須(ST180)。


・MDW005-30 キャンバーナックルセット(3.0/ミニッツAWD)四個入り前後
※ハイグリップ60のときは、フロント3°、リヤ1.5°。
グリップ走行時は、ノーマルキャンバー。ロールオーバーはフロントのグリップが強すぎるときに発生しやすいみたいで、スピードが上がってきたとき、キャンバー付けているとよくないみたいな感じ。そして車高は下げず、ボディとのクリアランスを第一に。


・MDW100 リアダブルウィッシュボーンサスペンションセット
※1/10ツーリング的な構造のメカニカルなパーツ。走りについては装着したばかりなので、試行錯誤段階ですが、リヤ側の粘りはすぐに体感できる。できれば、フロントにも似たような機構が欲しい。


・MDW101 DWSインナーチューブダンパー
車高によってはバネが遊ぶので、遊ばずまたプリロードもかからないぎりぎりのスペーサーをかませましょう。※ダブルウィッシュボーンサスペンションキットに装着するパーツ。オイルダンパーとは違った感触のダンパー。調整は横にあるエアバルブ(ねじ)によって内圧の変化を増減させるような感じで。


・MDW100-01 セッティングサススプリングセット(AWD DWS用)
※ダブルウィッシュボーンサスペンション用のスプリングです。硬めのスプリングは、ウレタンの継ぎ目で跳ねる傾向があるようです。基本チョイスは赤(ソフト)でしょう。


・MDW009 ハードユニバーサルスイングシャフトセット(ミニッツAWD/2pcs)
※間違いなく必須パーツです。ノーマルはすぐに取れてしまうので、このアルミ製にするのがいいのですが、それでも破損は免れない面も。壊れるのはシャフトの方なので、↓の部品でおっけー。


・MDW009-01 スイングシャフトandジョイント(AWD/1Pcs)
※ロールオーバーのときにダメージ食らうようで、破損は常に念頭には置いておきましょうというパーツ。動きが渋くなっている場合も要交換。フロントならなおのこと。最大にステアを切っている状態で車輪が回らなくなることも。


・MBW002 強化ギヤデフアッセンブリー
京商 MBW002 強化デフギヤアッセンブリー
京商 MBW002 強化デフギヤアッセンブリー
価格:945円(税込、送料別)
※現在使用せず。


・MBW028 ミニッツバギー用ボールデフセット
※ギヤデフだと中でカップリングの半月ずれか、ギヤ噛みして回りが渋くなる症状がたまに出るようで、カップリングなどの強度や安定度合いを考慮に入れて、これを投入する手もあり。強化ギヤデフ(上記)と劇的な値段の差がないので、ご一考までに。ただし、微妙な調整はできにくいようで、スルスルセットにしたときは、観念して下記のアルミボールデフにしましょう。


・MDW018 ボールデフセットミニッツAWD用
※とっても高価なボールデフ。しかし安定走行を得るためには必要なパーツ。
 グリップ走行では、フロントにセットしてスルスル状態。微妙に駆動がかかり、ほぼリヤ駆動気味のセットを出してみる。


・MDW024 リジットアクスル(ミニッツAWD)
京商 MDW024リジットアクスル(ミニッツAWD)
京商 MDW024リジットアクスル(ミニッツAWD)
価格:1,890円(税込、送料別)
※ラリー走行を楽しむなら、実は、フロントをこれにして、リヤをボールデフの緩めか、ギヤデフにした方が前に引っ張る感じの動きになっていい。


・MDW003 タイロッドセット(ミニッツAWD)
※フロントのトー角はノーマル0°がいいのですが、コーナー立ち上がり時の舵残り現象をとりあえず緩和する目的で、トーイン2°をいれています。修正ステアが入れられるなら必要ないとは思いますが。リヤはトーインがいいと思いタイプC(イン1.5°)で走っています。ストレートの直進安定性重視。


・MDW007-01 アルミモーターホルダーセット(ミニッツAWD/#1/ブルー)
※モーターのクーリングは必須項目ですが、AWDの場合ギヤ比の変更時はこのモーターホルダーも合うものに替えないといけません。
MR-03のピニオン7T相当になるギヤ比、5.97:1(ピニオン17T、スパー29T)にするにはコレ。


・MDW007-02 アルミモーターホルダーセット(AWD/#2/ガンメタリック)
※MR-03のピニオン8T相当になるギヤ比、5.34:1(ピニオン19T、スパー29T)にセットできるホルダー。3番のホルダーは必要ないかな……?


・3644 イーグル SPモーターヒートシンク 京商Mini-Z AWD用
※走行後はかなり熱くなっているので、わりに効果があると思います。AWDはモーターの放熱性が悪いですから、少しでもこういうパーツは入れていた方がいいでしょう。3レーシング製と見た目変わらないので、手に入る方で。


・MDW006 64チタンセンターシャフト&ピニオンギヤ(ミニッツAWD)
※交換作業がとてつもなくめんどくさい部位ですので、あらかじめ強度の高いこのチタン製シャフトと、ついでにベアリングも投入しておきましょう。


・MD006 ピニオン&スパーギヤセット
京商 MD006 ピニオン&スパーギヤセット
京商 MD006 ピニオン&スパーギヤセット
価格:661円(税込、送料別)
※ピニオンは走っているうちにズレてシャシーと干渉し削れます。またスパーの歯欠けも経験しましたので、予備はもっておくにしくはなし。


・MDW021 アルミピニオンギヤセット
※ピニオンの抜けはどうしようもないです。M寸ならばまだしも、L寸以上だと脱落します。アルミピニオンはホーローセット(イモネジ)で固定しますので、これで解決できます。


・MDW019 チタンビスセット(AWD
)※・・・AWD重いですからね。ちょっとでも軽くと。チタンビスのバラはスクエアから出ているようです。


・MZP410W ASC MA-015 トヨタ トレノ AE86 エアロ ホワイト(GT-V)
※個人的には所有していたGT-Vのオートスケールは感涙モノですが、白黒ツートンのエアロバージョンも捨てがたい。しかしそれは今売ってない!?


・MZP420SL ASC MR-03N-HM シトロエン DS3 WRC 2011 No.1 セバスチャン・ローブ
※ラリークラスならWRCカーモデルで走りたい。オフセットは+0mm。ドリフトタイヤは径が大きいままなので、フェンダーに当たるという……。
 ハイグリップ60の場合だと、一応オフセット+1.0mmの装着と走行を確認しました。