2013年3月29日金曜日

【XV-01】TBLE-02S

 最近発売されたタミヤの新型ESCとそれに合わせるモーターを購入してみた。



・タミヤ 45057 TBLE-02S ブラシレスエレクトロニックスピードコントローラー02 センサー付


 ファンレス仕様のためか、容量の割には大きめだけど、ブラシモーターとブラシレスモーター両方に対応するマルチなアンプ。
 切り替えはセットボタンを押してうんたらかんたら。
 温度保護と過電流保護と低電圧保護という最低限の保護装置搭載に加え、バックオフもできる(通常はバックできたほうがいいわけだけど、マーシャルがいるレースとかならバックなしも有りということで)。

 使用電源電圧が6.6~7.2Vというばちばちのタミヤ仕様!
 7.4VLi-Poはマズイっすか~?
 そして連続最大電流が60A。
 
 これまで使ってたHobby WingのXeRunが120A(ターボブースト機能付き)だったので、だいぶパワーダウンしているかと。
 今回のこのアンプ購入のコンセプトは、でかいサーキットを爆走する、ではなくてタミグラもいけるという感じなので、ギヤ比もタミグラのレギュレーションに合わせて組んでおこうかなと。

 ただまぁ……タミグラのツーリングクラスとかだと、指定モーターがライトチューンモーターだったりするわけで、普段からそういう遅いモーターでは味気がないし、そもそもタミグラにエントリーするかもあやしいので、普段用に10.5Tのブラシレスモーターも一緒にポチっておきました。
 (ブラシもブラシレスも両方いけるアンプは、このため非常にありがたい)


・タミヤ 54272 TBLM01S ブラシレスモーター01センサー付け10.5T


 さて、XV-01シャーシは防塵設計なので、RCメカ搭載部分は蓋が閉じられる。
 あんまり大きな受信機やESCでは蓋が閉められない。
 前のHobby Wingのアンプは線が噛むくらいギチギチだった。
 今回はどうかな。
 ついでにいえば、このシャーシはモーター配線の取り回しもめんどくさい。


 ESCはファンレスだからかさが低くて割と余裕。
 大きめといっても、コンデンサーもないので、ラクショーで載りそう。
 タミグラ規定では、モーターとアンプの配線直付けはご法度らしいので、そのままギボシ端子でつなぐのだ。ヨーロピアンとかにやりかえるのめんどくせー。


 このESCは出力設定とかできないので、受信機に刺さるコネクターを抜き差しすることはなくなる。
 設定変更はESC側のセットボタンを触るだけ。
 そんなわけで、受信機はモーター配線で隠れる(笑)。


 悩んだのはモーターの取り付け位置。
 本来は端子が上部にきてラベルがみえるように取り付けるのだろうけど(ちょうど画像の取り付けを180°回転させた状態)、配線が長いし取り回しづらいので、こんな感じで端子が下向きに。
 走行させて破損しないかどうかチェックする必要はあるな……。


 前から見るとこう。
 邪魔くさいにもほどがあるっ!
 フロントモーターはこんな感じの取り回し。

 さぁ、10.5Tとはいえ、アンプの出力はしょぼいので、どれだけ走ることやら。
 西脇では役者不足。広すぎるから、ストレートがしょっぱくなる。あそこは路面が悪いので、TT-01の方が気が楽だし、サーキットはライト、ダートは日岡かワイン城だな。


 






2013年3月25日月曜日

【TT-01R】ひさしぶりにデカラジ

 1年半以上ぶりに、西脇にある城山グリーンヒルスピードウェイに行ってきました。
 ショップ併設のサーキットじゃないし、山の中だから非常にのんびりとしたサーキットで好きなんだけど、いかんせん遠いうえデカラジはなにかと物入りだし、ミニッツ楽しいので遠ざかっていましたが、一緒に行く友人がいれば話も変わるってもんです。

 ほぼ2年近くご無沙汰だったけど、天気も良くあいかわらずの長閑さの中、朝っぱらからハチイチの爆音が轟いていました。
 見知ったエンジンカーユースの人が4人ほどすでに走行していました。


 iPhoneってもしかしてカメラ性能なにげに高い?
 ホームストレートを加速するハチイチの超スピードも捉えちゃったけど……。
 前のXperiaだと斜線しか写らなかったというのに(笑)


 さっそくピット構築。


 当日持って行ったのは、XV-01とTT-01R。
 デカラジはあまりやらなくなったものの、メインマシンとしてはXV-01をチョイスしてTT-01は売っ払おうかとさえ思っていたけど、とりあえずの復活をとげました。

 TT-01のパワーソースは、一番最初に購入していたOPTION No1のSurprise マルチブラシレスシステムVer.2.1ダッシュ。
 ブラシレスモーターのKV値は3700。だいたい10.5T相当。
 このシステムは安い割りに使い勝手がよく、付属のセッティングカードでパワーも三段階調整できる。

 一緒に走る人もTT-01だけど、モーターが540という(爆)。
 アンプの出力をLOWにして、だいたい同じか遅いくらいになった。

 今回、メインカーのXV-01をサーキット用のダンパー組んで、ターボブースト調整可能なアンプなので、最大進角にしてかっ飛ばそうと思ってたけど、なにやら電流カット? みたいな症状が出てまともに走らない……。
 ターボブーストOFFにしたら走るけど、遅い!
 それではタミヤのブラシレスセット12Tには追いつけん。

 というわけで、走らせたのはTT-01ばっかりで、相手のパワーに応じて、LOWにしたりHIにしたり。
 HIで走ると、結構速い。
 今回、TT-01のギヤ比は、5.11:1としました。
 ピニオン28T スパー55T 取り付け穴D の組み合わせ。

 そしてかぶせたボディはこちら。


 リトラの頃のNSX-GT。
 もともとタミヤのエンジンカーに付属していたボディですが、1/10サイズなんでピッタリ。
 やっぱサーキットにGTカーは映えるっつうことで。
 (ミニッツもデカラジも、基本はシルビアとNSXという……)

 んで、恒例の走行動画。
 今回はカメラに広角レンズを付けて撮ってみました。
 天井に貼り付けたので角度が下向きなのか、ステアリングまわりが丸見えっすね。
 


 一日外にいたので、花粉でくしゃみがとまらなくなりました。
 マスク持っていったんだから、つけときゃよかった。




















2013年3月18日月曜日

【Mini-Z】新しいファミリー

 買ってしまったよ、F1。


 F2004、シューマッハモデル。


 F2004?


 そう、ミニッツフォーミュラーMF-010(現在はMF-015)。
 しかもAMバンド!


 こんなプロポいらないぜ(笑)
 でもステアリングトラベル調整もついていて、付属のわりに高機能?


 かっこいいので、ディスプレイする。
 そしてその前に、購入を決定付けたあるアイテム……


 付属のVモーターを剥ぎ取らねばならない。
 初期のVモーターで、ポリスイッチがついていないヤツ。
 ブラシが硬くなった今のロットにしてみれば、かなりレアアイテムだと思う。


 手持ちの、30000回転くらいしかしないVモーターと交換。
 旧Vモーターと、ピニオン7~9TをGET。

 定価19,425円のところを2,000円!
 ホコリまみれで誰も見向きもしなかった9年落ちモデルを超破格値で買ってやったぜ!
 走らせることはないだろうけど!


2013年3月15日金曜日

【Mini-Z】ラリークラスのタイヤが。

 2013年のミニッツカップでも、一応ラリークラスというのは存続しているようです。
 しかし、レギュレーションで使用するタイヤがハイグリップ60ではなくなり、ドリフトタイヤになっているようです。

 京商のHPでは未だに2012年のレギュレーションを掲載したままですが、開発室ブログでちょっと前に発表されていました。

 http://ameblo.jp/kyoshoblog/entry-11475976299.html


 まぁ他にも、TOYOTA86&BRZクラスとか、ホイールベースS寸クラスとか謎クラスが増えていて、それはいいんですが、ラリークラスでドリフトタイヤて……。それドリフトクラスじゃね?
 前回の愛知大会では度肝を抜くような対策で普通のJSCCクラスみたいな走りされたから、しょうがないとはいえ。



 こたつファクトリーさんの動画。
 Zengさんがいらっしゃいます。


 まぁそんなこんなでドリフトタイヤでどうなるラリークラス?
 つうわけで、所在無い我がAWDシャシーも、とりあえずそのレギュレーションに合致するように作っておこうと思う。参加はまずしませんが(笑)。


 で、ただドリフトタイヤだけをつけるのも味気ないので、ボディをシトロエンDS3に合わせてみようと思う。
 なにを言っても「ラリー」クラスだし。


  いままでハチロク(AE86)で合わせていたので、たぶんいけるだろうと思ってそのままボディをつけてみても、合わないという……。
 まずリヤのガードを外さないとダメ。
 ハチロク付属のホイルオフセットではカツカツすぎて足が動かない。
 しかもフロントはステアすら切れない。


 思いっきり当たってるやないかい!
 そうかい、それでシトロエンDS3のオートスケール付属ホイールはオフセット0だったのか!

 ドリフトタイヤはプラなので、これを外すってのは手が痛くなる。


 ペットボトルのクチの部分がちょうどいい径なので、こいつをガイドにしてドライバーの柄とかで、ホイールをどつけば外れるって寸法さ。
 勢い余ってホイールもブチ割れるかもしれないが、気にしない。
 (いや、決して割ってはいない。あくまで可能性を申し述べたまでだ。早合点してはいけない)


 標準装備のOZのホイールにドリフとタイヤをはめて完成。
 
 ジャイロを強くしていれば、とりあえず下手糞でも、それなりにドリフトっぽい走りをしてくれるはず。STゲイン140にしてみた。

 

2013年3月13日水曜日

【Mini-Z】さ~て次回のレースカテゴリは?

 RRCの第四戦は4/21(日)。
 さっそく、次なるレースのカテゴリに合わせたシャシーを作る。

 次なるカテゴリはRMクラス。
 リヤマウントのレイアウトなら、ワイドでもナローでも可。
 モーターはノーマルなので、あまり重いボディは不利なんだけど、ナロークラスというのも他にあるので、同じボディで走るのはおもしろくない。

 というわけで、早速シトロエンDS3を解体する作業に入る。


 RMシャシーではほぼ最強を謳われるR246のRMLマウント。
 前回、ナロークラスでTOYOTA86で使っていたまま。
 これに組み替える。

 で、ボディは何を使うかというと。


 これなんですね~。
 第四戦はオープンクラスもHSVを出してきて、またしても一人GT祭りをやろうと思っています。
 以上、ARTAの回し者、マルコでした。


2013年3月10日日曜日

【Mini-Z】RRC第三戦

 本日はHSLで行われたRRCの月例レース、2013年度の第三戦でした。

 レースカテゴリはオープンクラスとハイマウントクラス。
 予定通り、Android787BとDS3セバスチャン号が出走。

 参加人数はオープンクラス17名、ハイマウントクラス16名と、今回も過去最多レベルの賑わいとなりました。
 ブロック分けはAメインからCメインの3ブロック。

 マルコは前回、オープンクラスは撃沈でしたが、ナロークラスで一応、Aメインで終了していたので、予選の組み合わせがAメインで走ることになりました。
 予選の結果によってブロックが変わってくるのですが、初めて決勝を最初からAメインで走ることができる結果を取れました!

 ただ、恐ろしいことにAメイン中段からCメイン上位までが、ほぼ同列の予選結果というイモ洗い状態。
 ワンミスでCメインまで直滑降します(第二戦で自分がそうだった)。
 今回、オープンもハイマウントも同様の結果だったので、全体的な技術の競り具合が寿命縮ませるレベル。PM2.5なぞ目じゃない。


 路面状況は、3月で暖かくなっていたのだけど、なんか昼から大雨が降って急に底冷えしているのに、雨の湿気でカーペットグリップが高くなるという、なんとも悩ましいコンディションとなり、タイヤの選択次第ではグリップしたり滑ったりとちょっと荒れ模様でした。

 荒れ模様といえば、ディフェンディングチャンピオンがまさかの両クラスBメイン落ちで、オープンクラスではRRC創立メンバーのうちの御三家が仲良くBメイン決勝という笑い転げ深刻な事態となりました。
 Aメインへの勝ち上がりはBメインの1位と2位の二人だけなので、御三家のうちひとりは消えねばならない。さようなら。

 で、結果はオープンクラスはAメイン3位。
 ハイマウントクラスはAメイン4位でした。
 今回はAメインから決勝出走なので、表彰台はなかばあきらめていたけど、オープンクラスでなんとかゲット!



 一時は、Bメインからお越しいただいたディフェンディングチャンピオン(チャージマツダ)にコンマ3まで迫ったけど、ちょいとミスが続いて、さらにあの青いヤツにまで抜かれて終わってしまった。
 まだまだこの辺が天井のようです。

 10分66週走れたのも自己ベスト。
 十分満足できるレースだった。


 はい、集合写真。
 参加された皆様、おつかれさまでした。


2013年3月9日土曜日

【Mini-Z】明日の2台は

 明日はRRCのレース第三戦です。
 ずいぶんあったかくなってきているので、開幕戦や第二戦のようにかじかむ指先と格闘せずに済みそう。
 その分、グリップも上がってきており、参加車両のアベレージ速度がいったいどうなることやら……おそろしい。

 第三戦のレースカテゴリはオープンクラスとハイマウントクラス。
 オープンクラスはバッテリーがオリオン800HV指定。
 ハイマウントクラスはピニオン6T指定。


 ハイマウントはセットが決まればおもしろいですね。
 これまでレーシングカーっぽいボディがなく、前か後かわからないサッカーボールみたいなビートルは論外として、ミニでもふつうカラーはあまりしっくりこず、しょぼーんなクラスだったけど、シトロエンはかっこいい。
 ただそれだけでいい。

 オープンはとりあえずAndroid号を出動。
 しかしながら、今日の前日練習走行では、テストカーボディの方が感じよかったけど、気のせいだろうな……。
 なにやらAndroidのアップデート時期が来ているからだとか言っていたが、本戦まだ一回しか走らせてないよ?


2013年3月3日日曜日

【Mini-Z】ミニッツミーティング2013

 4月14日(日)に広島の車輪村というところで、各種イベントの中のひとつに、京商ミニッツミーティング2013が開催されます。

http://www.kyosho.com/jpn/race/presently/miniz_meeting2013syarinmura/index.html

 開催レースカテゴリは、GTクラスとJSCCクラス。
 RRCの御三家メンバーが行こうとしているので、ちょいと便乗しようと思ってます。
 まぁ4月なので、たぶん休みはとれるはず。

 参加クラスはJSCC。
 ミニッツカップにすらまだ出たことないのに、初参加をJSCCにするという。なかなか我ながらMだと思う。
 で、JSCCクラスはパワーソースが前時代のアルカリ乾電池!

 ミニッツ始めてからこのかた、アルカリ乾電池で走らせたことなど一度もない。
 ちょっと初見すぎるきらいもあるけど、お祭りということでまぁいいか。

 それにしても、このミニッツミーティングは上位3名に、ミニッツカップファイナル出場権が与えられるので、間違いなくガチな大会になるでしょう。
 恐ろしいけど、ミニッツファイナリストの走りを見るのも一興。

 というわけで、アルカリ乾電池を買ってみた。


 ぼちぼち練習していこうかな。