2013年1月26日土曜日

【Mini-Z】Androidがやってくる

 アプライド行った時に衝動買いしたスピーカー付き据え置きMP3プレーヤー。


 これではまるで、Android信者……!

 明日は三田のラジ天に行ってきます。。。


2013年1月23日水曜日

【Mini-Z】MR03-VEのICSセッティング

 ブラシレスモーター搭載の新型シャシーMR-03VEは、トルクフルなストレート加速を味わえる半面、転がり抵抗の少なさでインフィールドが苦手。
 そのせいで、最初はVモーター搭載シャシーよりずいぶんアベレージが低かったけど、セッティングの見直しでそこそこマシになってきた気がする。

 で、このブラシレスモーターは、基板のROMで出力特性を変更することができて、京商のサポートでも発売当初からPCで動くソフトウェアをアップロードしていた。
 http://www.kyosho.com/jpn/support/instructionmanual/mini-z/miniz_racer.html

 これまでも、PCと専用ICSアダプターとの接続でサーボ特性やジャイロの設定などもできていたわけですが、そのVE用ということになります。
 でもこのVE用のICSマネージャーというソフトが、動作させるのにPCとの相性があるとか、ICSアダプターを動作させるドライバをKOのHPからダウンロードしないといけないとか、そもそもUSBポートに挿したICSアダプターのCOMポートを認識しないとか、まぁすんなり気持ちよくいかなかったわけです。
 しかも、ソフトのGUIは一昔前に流行ったネットブックの敵と言わざるを得ない、縦解像度768ピクセルで作られており、縮小表示に対応もしていないときている。
 どこのどいつが、ミニッツサーキットまでフルサイズのパソコン持っていくんだよ!

 ……ネットブックでも768圧縮表示があるから使えるんだけどね。
 そこらあたりは、アレンジしてくれる人がいて、フレーム表示に改造して縦600ピクセルでも使えるようになってます。

 ところで、自分のBX407A4では、ICSマネージャーは起動しても、ICSアダプターをUSBポートに挿したときの、COMポートを認識してくれず、せっかくの超小型PCも役立たずでした。
 インストール、アンインストールを繰り返してみたものの、ダメだったのでやむなく大きめのノートPCを持っていっていたわけですが、いつもってわけにはいかないくらいのお荷物。

 まぁ最近はアンドロイドタブレットを購入していたので、超小型PCは使用する機会も減ったので、いっそリカバリーしてからやってみると、あっさり認識した。
 原因はわからない。


 まぁ動作するならいいじゃん、って喜んでると、実はNexus7でできることが直後に判明。
 お~いおい……。
 消してもいいかなってバックアップ取ってなかったとはいえ、おれの『チンギスハーン』やら『信長の野望』やらのセーブデータに未練がわいてくる……。



 Nexus7でするためには、専用アプリと、USBホスト変換アダプターってのが、別にいります。

Mini-Z ICS設定してみる?VEβ

 お、なにやら見たことある人が評価コメント打ってますな。
 ブルートゥース版の方ではないので注意。

スマートフォン/タブレットPC用変換アダプタ(USB A-micro-B)

 自分はエレコムのを使ってますが、サンワサプライのでもいけそうです。

 これらと、今までのICSアダプターと、当然VEシャシー。


 こんな感じ。
 自分の環境では、Nexus7の認識に多少不安定なところがあるようなので、以下の手順でやってます。

1. VEシャシーとICSアダプターとをコネクター接続。まだ電源は入れない。

2. USBホストアダプターと、ICSアダプターを接続。

3. USBホストアダプターをNexus7へ接続。すると下のような画面が出る。


 動作アプリの選択画面。
 もし「Nexus Media Importer」をデフォルト起動にしていたら、デフォルト起動を解除しておく方がいいかもしれないです。

4. 「Mini-Z ICS設定してみる?VEβ」を起動後、VEの電源を、ペアリングスイッチを押しながらONにしLEDの点灯を確認したら、アプリの「read」をタッチ。


 読み込みが完了したらOK。

5. 各種設定してみる。


 アナウンスにあるとおり、京商のソフトより設定項目が増えています。最高速をさらに抑えた項目なので、あんまり必要ないでしょうけど。
 ああ、残念ながら設定選択に対応したグラフ表示はないよ。

6. 設定が終われば、内容をVE基板に書き込まないといけないので、「Write」をタッチ。


 実はここが一番の問題。
 Nexus7はUSBホストに対応していても、「Nexus Media Importer」では読み込みにしか対応しておらず、書き込みはできなかった。
 そのため、このアプリも使えないって思ってたけど、どうやらアプリ側で書き込みもできるようです(Media Importerもそのうち書き込みできるようになればいいなぁ。あと動画の連続再生と)。
 とはいえ、なんか書き込み前にそのまま数分放置していたら、なぜかVE基板を見失い認識が外れていた。
 もう一度つなぎなおせば、ちゃんと書き込みまで動作するので、あまり放置してはいけないようだ。


 まぁなんだ。
 結局……

 Nexus7最高!!
 Android完全勝利!!!

 なのです。

2013年1月19日土曜日

【Mini-Z】ジャイロはお星様になっていなかったんだ

 前にジャイロがぶっ壊れた記事を書いたんだけど、実は原因はジャイロじゃなかったようだ。

 MR-03VEの導入で、ひとつジャイロが必要になったついで、AWD用も買ったんだけど、取り付けて電源いれると、いきなり煙がっっ!(涙)
 しかし電池も熱くなっていくのでピンときた。
 こりゃ短絡だな、と。

 短絡は短絡でも、ジャイロは新品なので、基板側……。
 


 ジャイロのコネクターが刺さってる裏側の三本ピン。
 写真はすでに掃除したあとだけど、タイヤカスにまぎれて、なんか繊維っぽいのが絡まってました。
 それがいい具合の抵抗素子になって、電熱コイルに電気を流したような感じになっていたんでしょう。接触短絡ならもっとひどいことになっていたかもしれない。
 タイヤカスなら電気は通さないからと油断した。

 そして、お亡くなりになったと思ったジャイロは生きていました!
 基板の変色とかありますが、一応機能しているようです。
 基板の掃除もたまにはしないと、なにが起こるかわからないな~。

 メンテナンスつながりでいえば、VE。


 ボールデフのシャフトなんだけど、ベアリングに刺さる部分が結構削れているのがわかると思う。
 チタンなんだぜこれ……。

 VEはブラシレスモーターの回転抵抗が軽く、空回しではモーターも一緒に回るのでデフの差動は確認しにくいってのが、新品のときブラシモーターとは違うなって思ったこと。
 それから使っているうちに、左後輪で回すとモーターも右後輪も同一方向に回るのに、右後輪(スパーやピニオン側)を回すと、左後輪だけが回らない→デフで差動している。

 左後輪はモーターケースをデフシャフトが貫通するとき、ベアリングを二つ通るから、右に比べ抵抗が大きいとはいえ、動かなさすぎ。
 気にせず走っていると、ギヤ鳴りのきつそうな音が出始めたので、こりゃおかしいと気づく。
 ピニオン7Tはたしかにギヤ鳴りが大きいきらいがあるけど、幸い他の人のと比べられたのでそうではないとわかる。
 その異音はバックラッシュのせいではなかった。

 ベアリングが回っていなかったんだ……。
 ドライベアリングでレボリューションBBを注していたけど、VEくらいになると油分が必要なのかもしれない。
 VG10を注してみると、異音も消え、デフの動きも元に戻ったという。

 みなさん、細かい部分のメンテナンスは手を抜いてはいけません。


2013年1月14日月曜日

【Mini-Z】TOYOTA 86

 新しいオートスケールボディで、トヨタのハチロクが出たので、購入しときました。
 ナローサイズではお初のL寸ボディ。



 実はデザインは嫌いじゃなくて、むしろかっこいいと思ってるハチロク。
 実車の話でいうと、ブレーキキャリパーが対向になっていないくせにエンジンが対向という、なかなかヘソ曲がりな車で、その辺は多少なっとく行かない部分もありますが、外観は気に入っているんですよね……(嫌いな人多いですが)。

 ミニッツの話でいくと、初のL寸ナローということで、これまでZやNSXは使っていなかったわけです。
 M寸のシルビアと比べて、ちょっとホイールベースが長いってだけで、こんなに違うもんなのか(いい方向に)って感じで、かなり気に入っちゃってます。

 ホイールオフセットは、フロントはナローの1.3(?)mm、リヤはワイドの-1.0(?)mm。
 リヤに±0mmのワイドが入れば良かったんですが、ちょ~っとそれは無理っぽい。
 ボディのサイド上げてもどうかと思う(つうか、サイドマウントの接着剤が固くてなかなか取れそうにない)。

 それはそうと、ホイールのスペアパーツは出して欲しいよな~。



 話はうって変わって、タミヤのスピードチェッカーに、最近振るわない白モーターをいくつかかけてみました。
 これまで、白モーターの最高速度は25、6キロくらいだったんですが、モーター回転数だけは手持ちの過去最高記録である34700rpmを記録しておりながら、実走ではいまいちな白モーターが、最高速度は30キロを記録しました。一応数値どおり回っているんだ。すごい。
(写真は撮るのを忘れたので、昔のを。ただ、同じ電池のまま回数やれば、計測ごとに1キロづつ最高速度が下がっていくという体たらくなので、タレ幅の大きなモーターというのが判明しております)

 このスピードチェッカーは、最高速度計測のほかに、10m~300mの到達タイムも計測できるので、多少はダッシュ力も把握できそうです。
 とはいえ、最小の10mでもHSLのストレート以上なので、どれほど参考になるか。
 欲しいのは瞬発力なんだけど、これがなかなか。


 



2013年1月6日日曜日

【Mini-Z】RRC第一戦

 本日はHSLにて行われたRRC月例レース、2013年度の開幕戦となる第一戦でした。
 レースカテゴリは、Vモーター使用のオープンクラスと、ノーマルモーター使用のリヤマウントクラス。


 本年度レースのゼッケンは「13番」。

 前日からのどをやってしまい微熱気味ながら、シャシーのセットは、実は2012年の最終戦から取り掛かっていたので、わりと慣れる時間がたくさんあった(しかも年末年始はry)。

 前年度の最終戦が不参加だったこともあり、予選は両カテゴリともCメインから。
 総勢17名なので、クラス分けがA、B、Cとなりました。
 Cクラス予選は新たなレース参加者二人と、前々回くらいから参加された人たちと一緒に走りました。
 後から来る速い車をよける練習は、これまでいやでもしてこれたけど、前走者をきれいにパスするのはなかなか難しい。
 なかなかの緊張ぶりだけど、相手はこっちの比じゃないでしょうねぇ、初めてのことだけに。
 ま、連れてきたBOSSのスパルタ教育を受けて、次戦も参加してもらえると楽しい。

 どうにかこうにか決勝はBメイン入りにこぎつけ、ようやく本戦。
 決勝は、オープンクラスから。

 レース前、オープンを走るHSVは、速くはなくとも落ち着いて走れるシャシーになってる、って思ってたのに、予選でいやにリヤがスリッピーになってちょっと動揺しました。
 結局、フロントのタイヤを薄いのに替えて、アンダー方向で妥協したわけですが、もともと初期のターンインがだるかったのが、より顕著になってペースが上がらず。
 4位くらいを走行して、あわよくば3位に入ってAメインに勝ち上がりか!? と茫漠と考えていると、上位陣がのきなみ自爆(笑)。
 結果、Bメイン1位。
 祝、初の表彰台真ん中。


 ま、その後、Aメインに勝ち上がったわけですが、全然ペースについていけず、オープンクラスは総合6位で終わりました。
 HSVは過去に総合4位になったこともあって、自分の中では安心できていたのだけど、微妙な感覚の違いを感じました。モーターマウントをLMからMMLに替えたせいかな。車高のバランスが崩れてたのかもしれない。


 リヤマウントクラスを走るNSX-GTは、HSVほど期待していませんでした。
 練習時、自己ベストを次々と更新したものの、周りのほうも同じく速くなっていたので、実は大したことはないなと思ってました。
 で、結果ですが、Bメインは3位でAメインに勝ち上がり。
 Aメイン初の表彰台で、総合3位。
 これ、BメインもAメインも、自分の前にいるはずの人らが、次々とコケていったんで、すごくラッキーの要素が強い。
 今回のNSXは3位になるような性能はないはずなんですが、ただひとつ、自分で目標を設定していたアベレージタイム10秒、10分60周を達成したので、まぁありかなと。

 とりあえずAメイン表彰台だぜ!


 集合写真。


 総勢33台のミニッツ。
 これだけ集まったのは、過去最大らしいです。

 さて、次の第二戦はオープンクラスとナロークラス。
 オープンは……


 アンドロイドのドロイド君カラーで作ってもらったので、ついにマツダ787Bで行こうかな~と。
 おれのゴールドワイパーが火を噴くぜ!

 ナローは順当にシルビアか、新しく買ったハチロク(FT86)を作るかです。
 ハチロクのカラーはiphone(アップル)にしてもらおうかな~。


2013年1月5日土曜日

【Mini-Z】開幕戦前日

 年の瀬からミニッツに狂いまくっていたのは、RRCのレースに参加するようになって、ちょうどテンションが揚がる頃合に二回(二ヶ月)抜けたことが影響しているのは言うをまたない。
 ちゅうわけで、もう一人の暇なお方と、ほぼ連日ミニッツ三昧だったわけですが、それも佳境を迎えることになりました。

 2013年の第一戦が、正月休み最後の日(ちょうど日曜だから)に行われます。
 オープンクラスとリヤマウントクラスの二つのレースカテゴリで、今回参加させるのは


 ARTAのHSVとNSX。

 う~ん。この練習用ボディに残された闘いの跡が、なんか生々しい(つか汚い)。
 レースには、一応レース用としてキレイなヤツをつけますよ~。


2013年1月1日火曜日

【ラジコン】謹賀新年

 あけましておめでとうございます。
 今年も我が家のR/Cともどもよろしくお願いします!

 年末年始はラジコン三昧。
 

 ちょっと京都にまで足を伸ばしたり……。
 たいていのショップは12/30で走り納めとなるので、行っとこうとおもいました。
 地元ではジョーシンのキッズランドが年中無休なので、真の走り納めは12/31。
 当然、初走りも1/1!

 さて、新年の初走りは、まずXV-01で始まりました。


 ミニッツの気軽さに比べ、走らせる機会がめっきり減ったコイツですが、元旦くらいは走らせようと、新年初走行会前に、ドリタイヤつけて遊んでました。

 XV-01はそのままでも、結構ドリフトコントロールしやすいのではないかと思います。
 フロントモーターとキャスターのつき具合で、かなりいい感じに仕上がってますね。
 

 でも、ブロックタイヤを装着して、グイグイ曲がるローリングも実車さながらでおもしろい!
 相当完成度の高いシャーシなんではないかな。

 ま、こんな感じで新年がスタートしちゃいました。