2011年11月29日火曜日

【Mini-Z】お手軽コースでミニッツバギー

やってみました。
 ダートにコーナーマーカー置いて、お手軽コースを作成し、ミニッツバギー・オプティマを走らせました。
 コーナーマーカーは、ラジコン用パイロンやディッシュではなく、ビニールテープ(爆)。


 こんな感じ。
 どういうコースかというと……。


 こう。
 単純なレイアウトですが、マーカーの位置をずらし、ちょっと角度をきつくすると、ずいぶん様変わりします。
 そして、オプティマ。
 ミニッツのくせに、豪快なコーナリングをしてくれます。
 友人のレーザーZX-5と一緒に走行したんですが、レーザーの初期セットのピンスパイクは、ダートなどの低ミュー路面ではまともに走りません。
 オプティマのスパイクだと、テールスライドもコントロールできる範囲で収まるので、小さいくせに面白い。


 こんな感じの、じゃりの粒は大きめの場所。
 砂噛みは、やはり頻発するので都度メンテしなければなりませんが、シャシーしたをビニールテープで目張りしたりして対策。
 ビニールテープの粘着面が、小石を吸着してくれて多少はマシに。
 わりと連続して走れていたんですが、お警察さまがごくろうさまなことに、パトカーで税金を使いながら地域巡回にまわっていらしたので、路駐していた関係上、そそくさと尻尾を巻いて逃げました(笑)。

 次に目指したのは、それほど離れていないもうひとつの公園。
 こちらは以前に、HOT-SHOTを爆走させた広い公園です。
 駐車場あり、トイレあり、自販機あり、と最高の場所なんですが、いかんせんダートは目の細かい砂利で、HOT-SHOTはよかったけれど、ミニッツバギーには辛い路面状況なのです。

 はっきり言って、走れません。
 なので……。


 こう。
 砂の浮いたタイル面をコースにしました。
 レイアウトは一緒。

 こっちの方が、石噛みが少なく、心置きなく走れました。
 意外と滑り、スピンも多発しますが、これはこれで面白い。
 ダートのような、砂を巻き上げて豪快なパワードリフトはしませんが、2パックをここで費やすくらい、遊べました。
 
 う~ん。
 やはり目的なくただ走らせるだけより、こうやってコースを作って走らせるほうが、断然おもしろいですね。

 やがて……。
 コーナーで滑らず、いやに走りやすくなったオプティマ。
 いやな予感がしてチェックしてみると、前輪駆動と化している!
 
 リヤのデフ逝ったーーーーー!
 と思ったんですがね。


 帰ってから分解してみると、たしかにデフ、正確にはデフのリングギヤもダメージ受けていますが、それよりセンターシャフトのギヤがハゲにっ!

 原因はもうひとつ判然としませんが、センターシャフトはモーターの入力を受けていますので、その駆動伝達に齟齬がある場合、まずスパーギヤがおかしくなるはずです。
 しかし駆動はデフとセンターシャフトをつなぐ部分までは到達しているわけですから、センターシャフトのギヤがハゲるというのは、デフ本体の位置がズレたか、回転が阻害させて、センターシャフトのギヤとの隙間が広がって空転した結果、その摩擦で削れた、ということでしょうかねー。

 MB011 ピニオン&スパーギヤセット


 MB020 デフギヤアッセンブリーミニッツバギー用(シム入)


 はい、お買い上げ~。

 もうついでだから、ベアリングの洗浄もしてやりましたよ……。


 ここまでバラすのは簡単なんです。
 しかし、センターシャフトを抜くのは、ちょっと難儀しそうです。
 今回はそこまでは至りませんでしたから御の字ですが、スパーギヤの交換も併せて、やっておく必要はありそうです。

 もちろん、パーツが届くまでこの状態で放置です(笑)。


2011年11月28日月曜日

【Mini-Z】まだ欲しいオプションは出ていません


 ミニッツの帰りにはバギーもちょっと走らせる。
 ダートより砂の浮いたアスファルト(ひび割れなどあれば尚良)は、安心して走らせられる、ミニッツバギー。
 でも、小石は噛むんですよ。

 レーザーが発売されてから、ミニッツバギー用のオプションパーツもいくらか登場したのですが、アルミダンパーステーとか、正直いらない。
 はやくモーターの冷却パーツ出せー。
 結構寒いんで、もう大丈夫ですけどねー。


 さてさて。
 MA-015のダブルウィッシュボーンサスペンションですが、インナーチューブのグリス拭いて、スコスコのフワフワ(要するに素組みのまま)にした方が調子良かった。
 継ぎ目やテールスライド(?)時のハネは、多少はあるものの気にならない程度におさまり、ギヤ比が低い(5.97:1。MR-03でいうところの7T相当)のせいか、タイヤがラジアル40だからか、コの字ストレート区間をフルスロットルのまま抜けるという……。
 たまに進入角度間違えると、派手なハイサイドくらいますが。

 そのときは、フロントのバネも赤(ソフト)、バンプストップ一枚入れて、ナックルで車高を0.5mm下げ、ボディマウントは標準取り付け。そんなセッティング。

 だいぶ走るようになったので、急にかわいくなってきたハチロク。
 はじめて、ベアリングのメンテナンスなどを……


 リヤのダブルウィッシュボーンの分解……めんどくせー。
 まぁわかってましたが(笑)

 さすがにセンターシャフトを抜くのは省略。DWSよりさらに、いや数段めんどくさいので。
 デフのベアリングはあまり汚れてませんでした。
 結構、デフはずしたりしてたからかな。
 ナックルの方の汚れがなかなかに。

 フロントのギヤデフは分解してパウダー系の潤滑剤で、またまたシャラシャラにしておきました。
 この方が調子がいいんですよ。

 そして。



 せっかくなので、スポンサーデカールを貼ってやりました。
 TRDは貼ってあるのと、もうひとつ「Toyota Racing Development」の方も欲しかったのですが、無いのではしょうがない。自作するか……。


 リヤ。
 タイヤは基本、ヨコハマ派なれど、ハチロクではダンロップのD98Jを使っていた思い入れがあるので、ダンロップステッカー(笑)。
 この頃のヨコハマといえば、M5かM7。
 ブリッツのパーツはなにひとつ使ってなかったなー。でもトラストやアペックスのステッカーがないので、コレで。
 懐古はここらへんで。きりがない。

2011年11月23日水曜日

【Mini-Z】DWSを試す。

本日は祝日。
 でもなんか元受の事務所は通常日らしい。しらん(笑)。


 今日の目的は、ハチロクにつけてやったDWS(ダブルウィッシュボーンサスペンション)がどれほどのものかを試すことです。

 第一の印象。
 ・跳ねる。

 硬いんかな~?
 でもまぁ、それは目を瞑るとして、コーナリングの安定感は向上してますよ。
 ハイサイドの回数も減った感じです。
 サスをもう少し柔らかくして、MR-03みたいなロールさせるといいんじゃないかとか、妄想セッティングしてますので、そのへんのパーツもまた追加購入ですね。

 しかし、リヤが1/10ツーリングを彷彿とさせるメカニカルな足回りになってしまうと、相対的にフロントのプアさが……泣ける……。
 フロントもDWSにしようよ京商さん。

 さて、ハチロクのボディが悪いのかフロントのサスがしょぼすぎるからなのか、単にタイヤがボディに ひっかかるだけなのか、S字の切り返しでハイサイドするときがたまにあります。
 下手といえばそれまで(爆)。

 そういうハイサイドの積み重ねでしょうねー。


 また折れやがりましたよ、スイングシャフト。
 純正プラスチックでは、そもそもまともにパワーを受け止められないので論外とはいえ、アルミとするにも肉厚が足りてないですよね。

 ギヤデフの方は、とりあえず壊れずにもっているようですので、今回はコイツだけ。

 それにしても、暖房がかかっているとウレタンの温度も上がってグリップが増すのでしょうね。止まると逆にすごく走りやすくなる。
 後半は暖房も止まっていたので、ハイサイドも少なく快調に走りましたが、いかんせん速くない。
 もう少し、MR-03のように走れないものか……。

 と、いうわけで今回の追加購入パーツ。








 余ったノーマルのリヤメンバーですが、これをドリフトセッティングのままにして、DWSと付け替えれば、お手軽にドリグリできるという案を、実行に移すためのアイテムとして、イーグル製を選択しようかと思います。
 今日、ミニッツ友にその話をして、純正(京商)では高いので、イーグルではどうか、と言われたもので。

 そこで問題となるのは、デフ用のベアリング。
 あまりというか、全然みたこともないのですが、京商から一応出てます。

・BRG022 シールドベアリング(6x10x3)2入り
京商 BRG022 シールドベアリング(6x10x3)2入り
京商 BRG022 シールドベアリング(6x10x3)2入り
価格:945円(税込、送料別)

 これはオプションではなく、スペアパーツです。
 二個で千円とはねー。

 そこでイーグル。

・2550 イーグル フルボールベアリングセット MINI-Z AWD用


 イーグルの製品で、こういうデリケートな部品を使うのはためらいもしますが、いくらかイーグルの商品を使ってきた経験上、これはクソだと思ったのは、ヘクスドライバーだけです(なんか致命的にあかんような気がするけど……)。

 純正品に比べてかなり安いので、迷いますね。
 それとあと必要なのが、スイングシャフト。
 純正だと二本入りで1700円とかになりますが、イーグルだと。

・3648AL イーグル ミニッツAWD用アルミスィングシャフト


 イーグル製では、アルミ以外にスチール製がありますが、鉄にすると今度はデフのカップジョイントか、デフそのものにダメージを与えそうで、ちょっと躊躇します。

 このふたつのアイテムを、その友人と分け分けすれば、半分の金額でふたりともノーマルのメンバーをドリフト仕様として置いておけるようになるって話です。
 これは近々実行に移したいと思います。

2011年11月22日火曜日

【Mini-Z】ミニッツバギーのオプションまだかよー



 今日はミニッツバギー・レーザーの発売日。


 もちろん買ってません(笑)。
 ボディも買う気はございません。

 たしかこの発売に合わせて、オプションパーツが発売されるはずなんですけどねー。
 どうもまだのようです。

 ナックルやダンパーステーって、あんまり下手にアルミ化しないほうがいいような気がするんですが、どうなんじゃろか。

 必要部品は。

 ・アルミモータープレート
 ・ユニバーサルスイングシャフト

 くらいですよ、今の発売予定範囲内では。
 今後、アルミモーターマウントが出てもらわなければならないし、アルミバンパーはちょっとカッコイイかな、とか思いますが、それってレーザー用やんね。

 ところで、明日の勤労感謝の日はミニッツ行けそうだ!



2011年11月19日土曜日

【Mini-Z】DWSとは

DWS(ダブルウィッシュボーンサスペンション)が手に入ったのですが、そのコンバージョンの前に、一度ノーマルのままも走らせて感触を覚えておこうと思い、コースインしてきました。
 だ~れもいなかったうさぎちゃんだったわけですが、思いがけずラジ友のひとりが、パーツを買いに来ていたので長話……。


 AWDはハチロクで固定なんですが、ドリフトと違ってグリップはコケるので、ボディはGT-Vで。GT-APEXはライトユニットがついているから、ちょっとコケやすい。
 このGT-Vにスポンサーデカールを貼りたいんだけどね~。

 フロント、ギヤデフってやっぱいいんじゃないんですか??
 ボールデフとか高くてなかなか買えないからなんですが、いまのところ不具合な感じはないですよっと。
 リヤは例のミニッツバギー用ですが、もうちょっと渋めにするためグリス盛っていいかな~とか。

 さて、DWSですよ。
 組みます。


 O氏曰く、ノーマルのリヤメンバーはドリフト用にして、いつでも付け替えられるようにすればいいじゃん、とのことでした。
 おお、それはナイスアイデア! と気楽に考えていたものの、いざ組み替えをしていると、ありゃりゃ……。 
 デフ用のベアリング、ハブ用のベアリング、ハードユニバーサルスイングシャフト、を買い足さねばならぬではないか!
 ハードユニバはまだいいです。
 ベアリング……バラあるんですか、バラ!?

 ……ノーマルは当分封印か!?


 できあがったDWS。
 これだけみてると、メカ好きのハートをくすぐるにくいやつ、です。
 機構自体は1/10ツーリングをそのまま小さくしただけで、必要な機能は押さえています。
 ミニッツがイモネジでリバウンド調整できるなんて、すごいな~と。


 リヤビュー。
 車軸懸架でないハチロクなぞっ! と思ったら負け。
 ダブルウィッシュボーンという気持ち悪いハチロクでいいんです。


 車高。
 実写ハチロクも、シャコタン(死語)にするとリヤの方が下がるんですよねー……って和んでいる場合ではない(ボディマウントは1mmのスペーサーが入ってます)。
 マウントのスペーサーを取って、フロントをもう少し下げてもいいんですが、ストローク量も確保しておきたいしなー。
 そして、さすがDWS。フルバンプしてもタイヤがちゃんとフェンダー内で収まっている!
 なので、まずはこれで走ってみようと思います。

2011年11月17日木曜日

【Mini-Z】いろいろ買ったった。


 スクエアのスポンサーデカールとオプティマのスペアタイヤ、そしてついにAWD用ダブルウィッシュボーンサスペンションキットをっっっ!!!

 スポンサーデカールは一体何に使うかだが……。
 ハチロク用で、TRDとダンロップはあるけど、チューニングパーツメーカーのアペックスとグレッディがないか。5ZIGENと柿本改も、まぁないわなー。
 ブリッツとHKSってところだな。

 そうなると、AWD用でワタナベ(アルミ)欲しいよなー。なんでないの?
 プラで我慢する?オフセット合うんかいなぁ。

 そしてDWS。
 後でゆっくり装着すべし。


 さて、そんなことより。


 オプティマの色がはげた!
 エアコンプレッサーでプシャーっとやった瞬間はがれた!
 ここはシューグーでコーティングしていなかったところだったとはいえ、塗装が取れた!

 これ、ちゃんとポリカ用の塗料使ってるのかぁ?
 薄塗りだなーとは思っていたものの……。


 これでわかるまい。
 補修は、ただのペイントマーカー白。表から見たら全然わからないから、これでいいです。
 あと、前面コーティング(ボンドで)しておくか。


2011年11月13日日曜日

【Mini-Z】今月最後の日曜参加かなー

年末に向けて土日が忙しくなってきてます。
 今月の土日は今日で最後かも。
 元気が残っていれば27日にいけるかもしれませんが、まぁ無理でしょう。

 そんなわけで、本日の仕事を通常の1.5倍ほどの速さで仕上げ、事務処理も後回しにしてコースインしてきました。



 一週間空くと無性に走らせたくなるんですが、来週は大丈夫か……。

 さて一週間空いたので、一応メンテナンスしておきましたMR-03RMナロー。
 メンテすると調子悪くなるジンクスがあるのですが……。

 それと、MA-015のリヤデフを、ミニッツバギー用のシム入りにしたことと、キャンバーをネガ3°にしたことを試そうと思います。


・MR-03RMナロー
 メンテナンスは特別なことではなく、単にベアリングの洗浄→注油、軸等金属部分の清掃、ボールデフの清掃、オイルダンパーのオイル入替え、など。事前にエアコンプレッサーでゴミは吹っ飛ばしています。

 この中で、メンテすると調子が崩れるモノ…①ボールデフ、②オイルダンパー。
 オイルダンパー、固くなりすぎましたねー。

 まぁいいかとコースにもっていきましたが、ウレタンの継ぎ目でハネてる感じで、どうにも今日は地に足がついてない走りでした。

 とはいえ、実のところ固すぎるオイルダンパーのせいなのかどうかは、柔らかくした状態で試さないとわからない。また今日のスロットルワークに難があったかもしれず、というかその疑いが濃厚。


 一方で、MA-015のほうは、なんだかいい感じでした。
 ラジアル40がいい具合に削れてきたからか、今回試したバギー用のデフが効いているのか、なかなかちゃんと走りました。

 リヤがポンポン跳ねるのは、ノーマルサスならではの愛嬌。
 早いことダブルウィッシュボーンサスペンションが欲しいもんだ。

 次は今週の平日のどれかに行けるか?

2011年11月11日金曜日

【Mini-Z】今日はゾロ目の日

神戸の現場で、めずらしくお昼に二時間ほどの空きができたので、三宮のジョーシンに物色がてら寄ってみた。

ちょっと前に行ったときはなかったミニッツコースが、今日は復活してました。
まぁだいぶん小さくて暗い(節電のため?ほんとうに暗いイメージ)。
しかしウレタンコースということで、ちょっと走らせたくなりましたが、さすがにブツを持ってきてないので、パス。

売り場は、はっきり言って岩岡よりはるかに充実しています。
で、ミニッツバギーのスペアパーツがちらほらありました。
一応、サスピンとピロボールを予備として購入しておきましたが、残念ながらタイヤがなかった……。
今一番欲しいスペアパーツじゃなかろうか。

そして、ミニッツバギー用のデフがあったので、とりあえずゲット。
これはベベルにシムを入れて渋めにセッティングされているもの。




MA-015(AWD)のリヤはリジッドアクスルで直結にしていますが、これをこのバギー用のデフに替えてみるのです。
フロントはノーマルのデフで、スルスルもスルスル。しゃらぁ~って感じで回りますが、シム入りはその回転が少し重い。

これがどのようなフィーリングとなるか。

そのついでと言ってはなんですが。



AWDのタイヤ・ホイールを履かせてみました。
これは……! 予想以上にカッコワルイ!!

それにしても、ロワアームが干渉して履けないと思ってましたが、台形にカットされててギリギリ入るんですよね。
もしや想定済み?


2011年11月10日木曜日

【ラジコン】バギー&バギー


 寒いやないかーい。
 そんなわけで、お外でバギーですが、今日は二時頃から近所の広い公園で、1/10と1/24のそれぞれのバギー走行を楽しんでみました。

 車種はいうまでもなく、1/10はホットショット、1/24はミニッツ・オプティマです。
 ホットショットはさすがに公園のどこへ突っ込んでも、走りきってしまう。
 もとはタミヤのXB(組立済みフルセット商品)付属のアンプ、受信機だったのですが、今はすでにユーラスに対応させるべくKOの受信機、アンプとなってます。

 パワーソースは7.4VLi-Poとタミヤのダートチューンなんですが、KOのアンプにしてから、なんかパワーが上がった感じがする。
 アンプを交換してから、まともに走らせるのは今日が最初になるんだなぁ。


 さてミニッツ・オプティマの方ですが、今日走らせた場所は、シャシー駆動部への小石侵入がひどい!
 スパーギヤには噛みこんでしまいますねー。
 そこで……。


 こんな感じで、シャシー下の電池ボックス部分をビニールテープで目張りしてやりました。
 これの効果がてきめん!
 もちろんどこからともなく小石は入ってはくるものの、噛みこみの確率は格段に減ったようです。
 おすすめですね。
 ビニールテープなら耐久性と粘着力も、ミニッツレベルでは十分ですし。

 あとはステアリングタイロッドへのダスト侵入が改善されれば文句なしなんですがねー。
 タイロッドは左右にスライドするわけですが、その稼動部分にダストが溜まると、ステアリングが効かなくなります(笑)。
 なんぞいい対処法はないものか。良案求ム。

 エアコンプレッサーでひと吹きしてやれば、吹っ飛びますけどね。

 とりあえず、これであとはコース設置用の円盤を見繕ってくることかな。
 RC用のパイロンセットではちと高いのが難点なので、100円ショップにでもいいのがないだろうか。


 ところでオプティマのデフ内部には。


 ベベルの外側にシムが入っていて、デフの効きが渋めに調整されていました。
 なんか硬いなって思ったのは、これが原因のようです。
 スルスルだとなんか具合悪かったのかな?

 つうか、この渋めのギヤデフ、MA-015のリヤに使えるんちゃうん?ボールデフいらんのとちゃうん?
 ボールデフ買う前に試してみるぜよ。

 
 

2011年11月9日水曜日

【Mini-Z】外バギー

雨が続き、Vモーターに変えてから外を走らせる機会がなかったミニッツバギー・オプティマ。
今日は帰りしなに近所の公園で1パック走らせてみた。

クルマの後部座席に置いてもピットスペースとして機能するぜ。
ここから出撃……するとさすがに着地というか落下で壊れそうですからやりませんでした。


こんなに小さい。
とりあえず、Vモーター必須は確定。
ちょっとリヤが滑りすぎるきらいがありますが、これはトルクが太ったせいでしょうねぇ。
微調整でなんとかなる範囲です。
さすがに応答性は優秀なもんです。

こういう堅い土なら余裕で走りますが、砂地はスタックします。
勢いで走り抜けることはできるものの、止まると亀になりますね。

それと、ジャンプはいいですが、段差乗り越えとか、無茶させたらダメです。ミニッツのスケールサイズを常に念頭に置きましょう(笑)。

あと、ラジマガの情報によれば、どうやらダートはオプティマのスタッドスパイクの方が食うそうです。
レーザーのピンスパイクでは、小さいから目が細かくなりすぎてダメなようです。
さっさとスペアタイヤよこしてもらいたいですね。

ところで、このオプティマにはジャイロはまだ装着していませんが、時折まっすぐ走らせているはずが、右にくいっと曲がってしまう。
これって、AWDで顕著だった、あの現象……?
やはり四駆だと、そういう変な入力がきてしまうのか?

まぁその変な現象であれば、ジャイロでばっちり相殺できるというのは、すでにMA-015でわかっていることなので、ここは慌てず騒がず「こんなもんかー」とノー天気にいきましょう。


さて、こういうダート走行なんですが、やはりエアコンプレッサーは必要ですね。それか、使いきりのエアダスターか。


エアダスターだと、当然電源がいらなくて、ミニッツ程度の大きさなら、十分使えるので手ごろでいいんですが、なにせ使いきりの消耗品。
値段としては、ナカバヤシのこれで約400円。


これは以前にも、このブログで紹介しました、マルコが使っているエアコンプレッサーです。
サージタンクが6Lと小さめですが、余裕で使えます。
しかし単体では、出先で使えません。


クルマの12Vバッテリーで使えるDC-ACインバーターが必要で、容量も大きめでないと、この程度のコンプレッサーでも起動させることはできないので、結構な設備投資となります。
ふたつで、ざっと15,000円なり。
ナカバヤシのエアダスターなら、37本買えます(笑)。
ちなみに、インバーター使用時はクルマのエンジンは当然ON。そのとき消費されるガソリンの料金は計算には含みません!

まぁ通常使う手動ポンプのブロアとハケで済まそうと思えば、できそうなんですけどね。それが一番のエコですが、作業効率は最悪です(爆)。

2011年11月6日日曜日

【Mini-Z】がっつり五時間

 昨日、急用で一時間しか実はできなかった反動で、今日はなんかフルタイムコースでした。

 なにが? ミニッツに決まってますやん。


 もうだいぶ、いい感じで走れるようになったシルビアちゃん。
 前後30°ながら、ちょっとアンダーか? という具合。
 もしかしたら、今の走りにフロントのサスが合わなくなってきた可能性が。

 いまフロントはインナーチューブとオレンジなので、一段落としてグリーンにしてみるのもいいのかも。
 ただインナーチューブダンパーだと、柔らかくしたところでシャフトが絶対つっかえるので、あんまり変わらないかも。
 しかも初期応答を高めてしまうと、コケるのも早くなるので、それは嫌なところですね。
 今度行って、人が少ないときにTry&Errorですかね!

 で、3パックほど走り続けて、どうにも変なアンダーがでるのでみてみると、なんかシャシー下が粉ふいてるみたいな汚れかたしてました。
 ラジアル30が減りすぎると、逆に硬化するんでしょうかね~。

 リヤタイヤも溝がなくなっていましたので、タイヤを新品に代えてやりました。


 リヤを新品にして、今までリヤに使ってたのをフロントにローテーション。
 う~ん、フロントタイヤのゴム質が変わってたのか、減りすぎで底擦りアンダーだったのか、判然とはしませんが、このローテーションでその辺は改善したようです。

 今のコースレイアウトはスロットル、ブレーキングのメリハリがきっちりあって、非常に楽しい。そして、以前なら新品タイヤにすると必ずコケまくっていたのが、ほとんどコケない!

 ところで写真にオプティマが少し見切れてますが、今日も走らせちゃいました、コースを。
 しかし、オプティマはウレタンを走るマシンではないですね。

 コースチェックアウト後、駐車場で走らせてやりました。
 Vモーターにしたことにより、ずいぶんよくなりました。これで路面が乾いていれば、ダート走らせられたんだけど、またの機会に持ち越しです。

2011年11月5日土曜日

【Mini-Z】雨でしたねー

 MB-010、オプティマに「手持ちの」Vモーターを装着してやりました!

 このVモーターは、燃えないゴミ用の袋で見つけた(!)やつ。
 そういえば、たしか捨てるやつあったよな、って思い出して漁ったら出てきました。
 一応、単四直結すると回るので、これでいいや的に取り付けてみることにしたんです。

 しかし、なんで廃棄寸前だったのだろうか……? と疑問に思いつつ取り付けると、なんとスロットルを入れても回らない。なんで?
 もうコミュが終わってるのかな、と思いつつライト当てて確認すると、それがかなり残ってる。
 あれ?
 で、単四つなぐ→動く(爆)。

 まぁ、このあたりでミニッツユーザーなら気づきますよね。
 端子の接触不良ってやつです。

 このVモーターはミニッツ友達が使ってたやつで、遊んでいるときに動いたり動かなくなったり、挙動が変になっていたので、交換したものを貰っていたんですよ。
 で、時が経って、そのことを忘れていた過去の自分が「こんな古いものいらんわ」といって、燃えないゴミ分別袋に放り込んでいたのでした(それはわりと最近)。

 はたしてそれを「手持ちの」と称するのかどうかは、はなはだ疑問ですが、これで晴れてオプティマもVモーター仕様となりました。
 端子の接触不良は、たぶん前のオーナー(ミニッツ友)が、あまりミニッツをしていなくて、車内長期放置で端子が酸化したものと思われます。
 色の変色と、あと端子そのものが軽く湾曲していました。それを磨いて平らにし、面で基板に当てられるようにすると、きっちり動きました。

 やっぱトルクありますので、ダッシュは速いですよ。
 しかし本日、外は雨。
 近所の公園での試走ができない。
 では……?


 え~、みなさま申し訳ございません。
 人が少なかったもので、相乗りの人の許可を得て、コース上で走っちゃいました!
 よー走りまっせ(笑)。

 しかし残念ながら、フェンスを乗り越えての走行は無理でした。
 ちょっと高いようです。
 モンスタークラスのタイヤでないと、できそうにないですね(え、しなくていい?)。


 コケないし、ロールしながらコーナリングするので、結構おもしろいのですが、調子に乗るとタイヤが脱げてしまうようです。
 これはすでに、諸所で報告のあったことなので、別段慌てることもなかったです。

 このオプティマのスタッドスパイクじゃなくて、レーザー用のピンスパイクが早く欲しいところですね。
 ダート走るにしても、ピンスパイクの方が長持ちするでしょうし。
 それかいっそ、ブロックタイヤでも出してくれんかな……。


 さて。
 MA-015、AWDのほうですが、とりあえず故障箇所の部品交換は済みました。
 で、フロントのデフをグリスもなにもない新品のギヤデフにして出走。

 なるほど、フロントは左右の回転差をもたせないとダメですね。
 前のアンチウェアグリスを薄く塗ったギヤデフでは、回転差がつかないので、ステアリングに敏感なのでしょうね。
 このノーマルギヤデフなら、普通に走らせられます。
 壊れやすいのが難点ですが、今度出る【MBW002 強化デフギヤアッセンブリー】が救世主となるか!?
 でも発売未定なんだよな……。


 
 

2011年11月3日木曜日

【ラジコン】ミニッツバギーとMシャーシ

 今日は1/10Mシャーシを走らせるために、近場のコースへ行ってきました。
 友人との待ち合わせ時間の合間、そのコースの近くにあるグラウンドで、ミニッツバギーMB-010を走らせてみました。


 大きさが手のひらサイズとはいえ、公園のベンチでコレ。
 かわいすぎる……。


 これくらいのダートなら、余裕で走れるし結構面白い。
 ただし、ノーマルモーターでは遅い!
 それでも、コーナリングではスリップ気味で走るので、心配していた最小半径の大きさは、問題なさそう。ややケツカキ気味なのだろうか?

 ノーマルでの物足りなさと同時に、熱ダレも問題となります。
 結構頻繁にヒートカットするので、クーリングは考える必要がありますね。
 ひとつには、ボディのウィンドに穴を開けて、直接モーターに風を当てる方法。
 つーか、オプションパーツまだ発売されてないし!

 1パックくらいしか走らせてませんが、一応故障箇所は発生しませんでした。
 しかし、二つ目の問題。


 ギヤへの異物混入。
 写真はリヤ側のスパーギヤなんですが、この程度の粒砂で回転が阻害されます。
 砂が噛むのは、こことサーボギヤの部分ですね。
 当然、無理やり回そうとしていたり、異音が出てるのに気づかなければ、ギヤを破損させるでしょう。
 なんとか対策を考えたところですね。

 ギヤ部分は、結構簡単にアクセスできるので、こまめな掃除でも対応できるでしょうし、またエアコンプレッサーかエアダスターは持ってたほうがいいですね。
 シュポシュポではちょっと弱いでしょう。

 とりあえず、モーターはVモーターがよさげですね。
 Vにしてトップスピードを稼ぐために、ギヤ比は下げる方向で行ければいいかもと妄想。

 まじで、広場の一角で円盤巻いてコースとジャンプ台作って走らせたい!!


 さてさて。
 ひさしぶりのMシャーシの話はどうなった、ってところですが。




 新しいボディはこんな感じ。
 ワンダーシビックが、EK9に昇格。
 タイヤがフェンダーより、はみってるんですがまぁいいでしょう(笑)。微妙に横幅が足りないHPIのボディ。
 4パックほど走らせましたが、タイヤとボディはもちろん干渉してますが(笑)、走行に支障をきたすようなものではなさそうです。

 実際の走行では、久しぶりということもあり、M車の操作感覚をすっかり忘れており、高速コーナーとかで微妙にステアを入れた状態でスロットルオフにすると、クルっとスピンしてしまいます。

 FFはそうなんだよ。気づくのに二、三周かかったよ……。
 最初はタイヤのグリップがどうとか思ったけど、そんな問題じゃないわなと。

 ミニッツでは普通にステア入れながらアクセルをパーシャルにするんで、そういうクセがあったようです。
 M車の場合、ビビらずアクセルフルスロットル。最後まで握りっぱでいかねばならない。
 ホイールベースがM寸になったからか、その握りっぱ区間は、握りっぱにさえしていれば、非常に安定しています。イイです。

 逆に低速コーナーではスピードを殺しきれないと、激しいアンダーになり縁石を突き抜けてしまいます。
 M寸ではインフィールドの捌きが、ちょっとナーバスになってます。高速区間のラクさとは対照的です。

 インフィールドでのクラッシュなら、高速区間でのクラッシュよりはダメージが少ないので、高速区間で安定できるほうが、マシかな?
 ……一回、コース外の側溝に嵌るほどのクラッシュやりましたが。
 一応、M車も破損箇所なしで、本日は終了できました。