2011年10月31日月曜日

【Mini-Z】おいこら、AWD!

日曜走行。
AWDはボディをGT-Vに替え、颯爽と登場。


……またしてもぶっ壊れやがりましたAWD。

前日土曜日はフロントのギヤデフが破損しましたが、一個ギヤデフはあまっていたので、それに取替え、走行フィーリングは日曜日に持ち越したのが、前回の記事。

結論から言うと、フロントのデフがぶっ壊れ、前輪にトラクションがかからない後輪駆動状態の方が走りやすい(爆)。
4WDの意味なし。

使ってたギヤデフは、中にアンチウェアグリスを盛り効きを渋くしていました。
ドリフト走行にはいいかもしれないけど、グリップでやるには良くないのかもしれない。

ぶっ壊れたギヤデフにもう一度入れ替えて走ると、まぁラクに走れます。サスペンションの性能が悪いので、コケるのはコケますが、グリス封入デフが入っていると、コーナー立ち上がりで、すごい過敏な反応します。フロントが引っ張ってしまうオーバーステアで、曲がりすぎますね……。

前後ボールデフなど、なかなか奢ってやれないので、とりあえず純正のギヤデフに、グリスもなんも入れずに素のままで今度はやってみよう。

ところで、今回ナニが壊れたかというと。


リヤのドライブシャフトのユニバーサル部分が砕けました。
リヤはリジッドだから、キックバックの吸収ができないのでしょうねぇ。こういうところにストレスかかってたようです。

これは以前に友人H氏が間違えて購入したものを、譲り受けていたので手持ちにありました。
ついでに、単品を速攻購入しておきましたが。

その後は結構、普通に(二駆モードで)走っていましたが、なんかよくわからないハイサイドののち、ギヤから異音が。
M-05のギヤが破損したときのような、いや~~~~な音です(笑)。

手で車輪を回してると、ひっかかりがあるところと、歯がかみ合わないところがありました。


はい。
スパーギヤのデフリング側の歯がひとつ砕けていました。
どういう入力かかったらこうなるのか……。
リヤのリジッドで逃げ場がないからだろうなぁ。

さすがにこれはスペアを持っていないので、AWDは終了です。
あとはいつもどおり、シルビアさんのご出陣でした。

AWDは金がかかると言いますが、これは初期投資の話ではなく、維持費の問題です。





京商 MD006 ピニオン&スパーギヤセット
京商 MD006 ピニオン&スパーギヤセット
価格:661円(税込、送料別)





今回の破損部品群(涙)。
明日はミニッツバギーの発売日だーーー!!


2011年10月29日土曜日

【Mini-Z】ふむ。デフギヤめげた……。

 さ~て、本日のサ○エさんじゃなくて、ミニッツは。

 今日は昼かかりで終れる仕事だったので、午後からはミニッツに行くつもりまんまんで社用車にピットボックスを積んで出動していました。

 仕事が終わって、遅めの昼食をとっていたころ、タイミングよくO氏よりメールがあり、後ほど合流することに。とはいえ、そのまま直行せず、やはり作業後の後片付けと報告書の整理をしておかないと、ここちが悪いので一旦事務所に帰ってから、すぐさま第二の仕事場(笑)へと。


 今日はのっけからMA-015(ハチロク)を走らせましたが、早い遅いは別にしてリヤのリジッド、フロントのグリス詰めギヤデフでも、なかなか感じよく走ってくれます。
 んで、たまに直線で左右に振れるので、ジャイロあるくせにおかしいなぁ、でもまぁいいか~と思っていたら「デフ壊れてるで」との指摘を。


 デフをバラしてみると、あらまぁ見事に砕けてます。
 え……まさか、このせいで感じよく走れてたとか……?
 一応、もうひとつギヤデフはあまってたので(リジッドに替えた方)、事なきにはなりましたが、その後走行させていないので、結果はまた後ほどに。



 ギヤデフは、破損率が非常に高いらしく、ボールデフ必須のようです。
 しかしボールデフは高いうえに高い。そして高い。
 


 ダブルウィッシュボーンも欲しいところなので、どっちが優先ですかね~。
 ミニッツバギーでもやりながら(まだですが)、ボチボチ考えますか。


 そのあとは、いつもどおりシルビアさんで、通常運転です。
 それにしても、パテで重くなってるノーマルシルビアは安定します。羽がないからかなぁ……?
 
 う~む。ホワイトボディの製作を急ぐか……。

 ところで、クラッシュを何度もしていると、Tバーのモーターケース側で歪みが出やすくなってます。
 Tバーの穴が広がってる?
 カーボンなので、削れて大きくなっているってのは考えられます。

 そこで。


 このように、皿タッピンに替えて締めこむことにしました。
 皿ならばテーパー状になっているので、穴に合いやすいはずです。

 直進安定が悪いと、ストレートで横フェンスにひっかかって、重大な事故を誘発してしまうので、気をつけないといけないところ。
 いや、ほんとにスピードレンジが高いレイアウトなので、怖いです。まじで。



2011年10月28日金曜日

【Mini-Z】時間を作ってコソ練

とりあえず、ややこしい仕事はひと段落させ、というか今日は午後からちょこっとミニッツ行きたかったので、手早く片付け、Go!


さすがに誰もいませんでした。
その上、ピットの電源も切ってあるほどでした(笑)。
バッテリーは充電していたので、そっちは問題ではなかったのですが、クールダウン用のファンが使えないのはいただけない。
店員に言えば、すぐ対応してくれましたが。

さて。
今日は試したいことがいくつかあった。

・車載カメラによる新レイアウトのコース走行動画。

・フォーミュラーDではない、ノーマルシルビアのボディを装着しての走行。

・MA-015(ハチロク)にグリップタイヤを履かせての走行(ただしセッティングはドリフトのまま)。


まずは車載動画ですが、使うボディはNSXですね。
コケにくいので、もうそれ専用に加工しています。
今回はフロントボンネット部分にカメラを置いたので、以前のものよりさらに低い位置になり、しかもコースは全体的にハイスピードとなっていますので、ほんとなにがなにやらわからない動画に(爆)。



こんな感じのコースです。
かなり気に入りましたよ、このレイアウト。
最初にコケまくてった(シルビア)のは、ずいぶん克服しまして、慣れてきた感じです。
こういうハイスピード区間と低速区間のメリハリがあるコースは好物かもしれん……。


お次のシルビアボディですが。



これ自体は以前から持っていたものなので、別段目新しくありません。
ただホワイトボディで自作塗装する予定なので、そのときのために走行感覚を知っておこうと思った次第です。

ただコレ。
ボディが割れるのを嫌って、パテでバンパーの部分とかを裏から固めているんですよね。
フォーミュラーDのいつも使ってるシルビアボディは、裏は「シューグー」という接着剤で補強しており、その重量差は結構あるようです。

最初の頃はシューグーみたいな強力な補修剤があることを知らなかったもんなぁ……。

で、走ると、なんかフォーミュラーDのボディより安定感があります。
ほとんどコケないですね。
ちなみに、前後ともラジアル30°(前輪は後輪で使用し減ったタイヤの使いまわし)。

GTウィングの分、重心が下がってる? 重量分の安定度?
よくわかりませんが、いい塩梅です。
つやつやのパールホワイトが、照明の下できらきらしてます(笑)。

なんとも普通の、そのへんの道路を走ってそうなシルビアな感じで、へんにほっこりしました。


そして最後のMA-015にグリップタイヤを履かせての走行ですが、やはり足回りが悪いのかな~。
リヤはダブルウィッシュボーンにでもしないと、MR-03のようにはいかないのでしょうかね。

タイヤはラジアル40°で、それは問題なさそうです。今のところ。

しかし、ロールというか、すぐ片輪が浮いてしまい、そこでアクセルオンにすると、ハイサイドくらいます。MR-03と同じタイミングのスロットルにすると、ダメですね。

ただまぁ、煮詰めればおもしろそう。
なにより、AWD特有のギヤ音が、なんかスーパーチャージャーの加給音っぽくて、ストレートを行く姿が、92の4A-G積んだハチロクって感じでおもしろい。


2011年10月27日木曜日

【Mini-Z】新製品を予約した。

 前から多少話題にしていたミニッツのバギー「オプティマ」を予約しました。
 http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.html?product_id=108025

 発売日は11/1ですが、今くらいの予約で間に合うのか?
 わかりませんが、やっぱ早く確実に欲しかったので、ポチっとね。

 http://ameblo.jp/kyoshoblog/entry-11059473915.html

 ゴールドアルマイトのオプションパーツも順次発売されるそうです。
 ま、カッコイイんですがね。
 こんなにアルミパーツてんこもりにしたら重いでしょうに(苦笑)。……ふところは軽くなりますがね(爆)。

 その中でも、アルミのモーターケースは、まぁ必須でしょうねー。
 ジャイロセンサーも取り付けられるのですが、それは直進安定性をみてからですね。
 公園のグラウンド走行を想定してるので、多少はラフでもいいかとか思ってます。

 というわけで、この一週間ほどはワクテカが続くことでしょう。


 お次は。

 http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.html?product_id=108257

 はい。
 レイブリッグの2010年度カラーHSV-010。

 こいつは正真正銘の限定生産だそうで、予約殺到、すでに打ち切り状態です。
 マルコは一応、洛西モデルで予約注文いれたのですが、これはちゃんと手に入るのだろうか?
 ちと心配です。

 それにしても、待ち望んだレイブリッグHSV。
 この限定生産版は、メッキ塗装しているので、手間とコストが従来のオートスケールの比ではないそうです。

 もったいなくて走らせられないんじゃ?
 そう思って、ボディもスペア、というかディスプレイとして予約注文しております。遠慮なく行きまっせ。

 うわさというか、予断というか願望というか、メッキ仕様でない塗装のレイブリッグHSVが、後々発売されるかも? というところではあります。

 ともあれ、NSXでもこれまで製品化されていなかったレイブリッグカラー。こいつはレアですよ。

 しかし……
 ホームコースの常連さんのT氏は、すでに持っていたんですよね……。
 こないだ、入れ替わりでチェックインしたから、詳細を聞けなかったのだけど、曰く「大枚はたいたよ」。
 どういうルートに大枚はたいたんだろう……?
 ちなみに、T氏はNSXのレイブリッグも持ってて、ちょっと羨ましすぎるんですよねぇ。

 レイブリッグカラーのNSXは欲しいなぁ~。
 できれば前期、リトラの。
 飯田章の頃ですよ!

 というわけで、HSVは11月下旬「予定」。
 京商の予定は延期する、と同義なので、期待せずに待ちましょうか。

2011年10月23日日曜日

【Mini-Z】順番待ちとか

今日のミニッツは、ジョーシンが謳う定員(10名?)を超えるユーザーが終結していました。
マルコはいつもどおりの出勤だったのですが、なんと30分の順番待ちに(笑)。

こんなんはじめてでした。一瞬帰ろうかとも思ったけど、常連さんの一人がもう帰るとのことで、なんとかピットをゲットできました。やれやれ。
でも、その人と一緒に走りたかった……久しぶりだったし。

今日のユーザーはカップ常連が大半で、コース上はハイレベルな戦いが。
コケたり突き刺さったりしようものなら、たいへん重大な事故が発生するものと予想し、あまり迷惑をかけない方向で、そそくさとフロントタイヤを削れた20°に交換しました。


いつもどおり、シルビアの出動なのですが、本日のピットはいつもと違い、対面側(売り場の通路側)に席を借りました。人が多すぎるので、やむなく……。
しかし案外、出入りがラクでした。
席を勧めてくださったO氏感謝。

さて本日。
新レイアウト二回目なのですが、はやくも逆方向の右周りに……。
左周りでイメージしていたのに、やってくれるぜ(涙)。

左と違って、右の場合ストレートエンドからシケイン(?)に入るところの減速がシビアに!
ブレーキ遅れると飛びますコケます。
その他は、まぁまぁ。

左同様、三本のストレートが並ぶ高速区間はシビレます!脳汁でます。
あるいは右の方が、おもしろいかも。
三本のストレートのうち、一番長いのが最後になるから、そこのブレーキング(減速)とターンインの勝負という感じで、もろに腕とマシンの差が出るという。
それはそれはおそろしいデッドゾーンと化すわけで、だいたいこの辺で事故渋滞が発生しますね。

それとマルコのシルビアはたまに、その一番スピードの乗る最後のストレートでよく壁にひっかかり(直進安定性に難アリ)、追突事故のもとを作ってしまいます。
これ、なんとかせんとな~。
シャシーよりも、ステアを残したり微妙に触っているんでしょうね。あるいはジャイロの誤動作?

とりあえず、フロント20°だと、やはり安定します。
デッドゾーンではブレーキタイミングのミスでよくコケたり吹っ飛んだりしていますが。

それにしても、まだ減りが浅いからか、今日使った20°は、あまりザクザクにならないですね。
なんでだろ?

モーター冷却中のシルビア君。
フロントタイヤはまた30°に戻しておこう。

2011年10月16日日曜日

【Mini-Z】新しいコースレイアウト

 ミニッツのコースが約半年ぶりくらいに、レイアウト変更されました。


 今までのコースが、テクニカルな全周インフィールドという感じのレイアウトに対し、今回の新しいコースは、直線区間、というか全開区間とトリッキーなインフィールドが組み合わさった、正統派のレイアウトだと感じました。

 インフィールドはトリッキーと書きましたが、慣れてくるとリズムがつかみやすい。慣れないからひっかかるんですよね……。

 新レイアウトでは全開区間が長いわけですが、その区間はコの字型になっており、三本のストレートとそれをつなぐ直角コーナーが二つあるわけで、終始フルスロットルというわけではなく、コーナーではパーシャルも使わないと、吹っ飛びます。

 ただ、ストレートエンドにヘアピン等の低速コーナーはなく、フルブレーキング競争(盛大なる吹っ飛びポイント)にはならず、そこはうまく作られていると思いました。

 シルビア(RM)で厳しかったのは、その全開区間が終わって、S字に入るところ。ちょうど写真中央の部分で、よくコケました。吹っ飛びました。

 そこで、フロントのタイヤを20°に変えてみると、おもしろいように安定しました。
 ま、ちょっとS字の切り返しでアンダー強い感じです。




 しかし、スロットルとステアリングの練習のため、心を鬼にしてまた30°に戻しました。
 (今度、誰かと競るときに、こっそり20°にしよう)


 さて……。
 全開区間が長いのですから、NSXがおもしろいじゃないですか!
 もう、Vモーター炸裂で、すごい迫力ですよ。ちょっと目がついていかないですね。
 高速区間で油断していたら、インフィールドでプッシュアンダーの連発。
 スロットルの握り加減を場所によって切り替えないといけないので、慣れないうちは壁にささりまくりでした。

 ところで、その壁のコーナー部分が新しくなっていました。
 イン側だけに、よく削れていたのですが、ご奇特なお方がお恵みを与えてくれたそうです。感謝。
 たしかに、ひっかかりにくくなってました。


  4パック走らせて、以上のような感想ですが、最後に。
 全開区間が長い長いとくどく書きましたが、モーターの発熱も比例します。
 クーリングは忘れずに……。


2011年10月10日月曜日

【Mini-Z】調子よかったんですが……

 三連休の最終日、本当は行く予定のなかったミニッツに行ってしまいました。
 MR-03Nのセッティングは変えず、電池がオリオン750か、100円ショップのボルケーノでの走行でした。
 へたったエネループに比べてパワーありすぎで、ときおり高速コーナーで吹っ飛ぶものの、全体として非常に調子がよかったです。

 最近は事故渋滞にも突っ込まず結構よけれていますし、車体より前が見えるようになっているのか、意外と追突事故が減ってきています。

 で、そんなさなか。

 昨日のハチロクに続いて、シルビアくんも足を骨折してしまいました。
 直前に事故った記憶がないんですが、もしや疲労で?

 ともあれ、こちらもナックルとタイロッドの接合部分なので、ナックルを交換すれば事は済むのですが……。
 そういえば、MR-03のナックルなんて予備持ってないわ(笑)。


 売り場へGO!


 品切れやわ(爆)


 というわけで、終了。
 調子良かったのになぁ。まぁチェックアウトの時間も迫ってたし、潮時でしょう。
 来週までには直す。


2011年10月9日日曜日

【Mini-Z】連休中日の盛況

世間様は三連休ということで、あんがい人も少ないんじゃないかなーとか思ってたミニッツコースも、結構な盛況ぶりで、ひさしぶりに堪能できました。


予定通り、S15くんの走りをチェック。
タイヤがあまりよくない状態なので、1パック使い切らず、ピットイン。
現状況では、リヤタイヤのグリップ不足以外、それほどおかしな点はなく、まぁいい感じでした。
ただ車高が上がっている分、転倒タイミングはやはりシビアになってます。

リヤタイヤをラジアル30°にし、今までリヤに履いていた溝なしラジアル30°をフロントに履かせて、再びコースイン。
するといきなりタイヤが脱落するというハプニング。
 めんどくさいので整備性の観点からタイヤに両面テープを貼らずに今まで来ており、また別段脱落したことなかったのですが、ここへきて頻繁に脱落することに。


原因としては、今回フロントのアルミホイールを新品に変えたことによる脱脂不足。
ホイールのオフセットを+0.5mmから、+1.0mmにし、ステアリング初期の鋭さを和らげようとの意図です。
タイヤを組むとき、当然脱脂したのですが、どうもまだ足りなかったようで。


前後共に同じオフセットのホイールですが、シャシーの構造上の問題か、若干フロントの方がトレッドが広くなるようです。
さて。
両面テープで固定したフロントタイヤは、その後、オフセットを広げた効果も手伝ってか、なかなか安定してくれました。
途中、リヤのTバー下のスペーサーをもう一枚増やして、ちょっと車高を下げてみました。
もっと安定するかと思ってのことですが、やはりその方が性にあってる感じです。
コケるときは大抵、オーバースピード。指の問題です(笑)。

帰宅後、もうちょっと車高関係をイジってみました。
フロント、リヤ共に1mmのローダウン。
これは、走行時のまま。
シャシー下とTバーとの間に挟みこむ、サススペーサーが今までR246の0.5mmローダウンするアルミスペーサーにしていたのをノーマルに戻し、フロントのボディマウントを0.5mm下げ調整。


さて、これでどうだ。
車高にはこだわっていかないと。見た目変わらない?さもありなん。こんなのは、やってる本人がどう思っているかが重要なんです。

ところで、今日はNSXもAE86も走らせたのですが、S15の無傷ぶりに比べ、両者は手負いに……



NSXの刀傷は結構深く広い(笑)。


ハチロクは、ドリフトやってたんですが、やはりぶつかるとこうなります。
写真はフロントじゃないです、リヤです。


ナックルの一部が折れ飛んだのです。
その状態でも、もちろん真っ直ぐは走りませんが、ピットまで帰ってこれたのが笑える。MR-03だったら、レスキューが必要だったでしょう。

2011年10月8日土曜日

【Mini-Z】またしても、新しいバッグ

 ミニッツ用の収納バッグを、またまた新調してしまいました。
 どうもピンとくるのがなかったのですが、普通に京商さまから、いいのが発売されていることに、今さらながら気付き、購入することになりました。

 通常のラジコンバッグ(三段引き出し)のそれではなく、ラジコン「ボックス」ですね。
 その名も「Pitbox」。

 

 さすが、値段が高いだけあって頑丈だし、これ自体が名の通り「ピット」になります。
 結構いいです。


 現場に置いていても違和感なさそう。普通に工具箱と誤認するに違いない。
 仕事帰りミニッツも可能……しませんけど(笑)。


 上蓋と二段目の引き出しを開けたところ。
 上蓋の部分は底が深く、相当モノが入るでしょう。

 今の装備は、パワーレックスと電池、いるかいらんかわからん2-26、としゅぽしゅぽ。
 それと、クールダウン用のUSBファン。
 箱から出さず、ココで充電とクールダウン可能です。


 一番下の引き出しも結構深く、ここにはマルボロのカートンが入っているわけではなく……


 もちろん、マシンさまたちが鎮座まします。
 あと一台、GTカーが入る予定にしています。
 なんのGTカー?
 ふっ、愚問だな。
 限定販売のレイブリッグHSVに決まっておろう(手に入れば、だけど……)

 でも、まじで生産(作製?)台数が少なそうなんですが。がんばれ京商。

 ちなみに、三段ある引き出しを閉めた状態では、簡単な作業スペースが確保できます。
 さらにちなみに、11月購入予定のミニッツバギーのスペースは計算に入れていません(爆)。
 バギーは二周りほど大きくなるし、どうせ汚れるだろうから、別ケースを確保するしかないですね。

 さて、これであと、あのでっかいプロポを忘れているような気がしますが、そんなことはありません。


 こいつは、そのでっかくかさばるプロポを入れるための「プロポバッグ」です。
 チームマジックの汎用サイズ。
 エクステンション付きユーラスも楽に入り、上部には小物ポケットも付いているスグレもの。


 よし、完璧だ。


 ところで、京商のピットボックスはですねー、釣具とかで見るメイホウのOEMだと思うんですよね。
 実はこういうのもあったりします。

 

 微細に違う部分もあるようですが、基本、同じ作りに見えます。
 サイズもほぼ同じ。
 色が若干ダサイですが、値段ははるかに安いという。

 

2011年10月6日木曜日

【Mini-Z】またしてもセットを変えてみる。

 まぁ……コースインいたときにやれって話なんですが、帰宅後の整備とともに、ふたたびMR-03N-RMの車高などを変更しました。

 前回のセットでよくコケたのは、フロントタイヤがボディのフェンダーにひっかかった可能性もあるので、ボディマウントで1mm下げてたのをやめ、ノーマル位置に。

 するとボディが前上がりで、ひどくカ ッ コ ワ ル イ

 見た目を重視するマルコとしては、妥協としてリヤを上げることに……(当然、ロールセンターが上がるので、またコケやすくなるんだけど)


 これで見た目は、前後均等の車高って感じ。
 新品タイヤなら、そう悪くないかも知れないけど、フェンダーでみると、まだまだフロントに隙がある。指三本ってところか……(なんの話?)

 どうせまたコケまくるだろうけど、次回はこれでやってみる。
 できれば、途中でタイヤを交換したいものだ。
 新品ラジアル30°をリヤに履いて、今リヤに履いているのをフロントに履かして。

 ゆくゆくは、また前後スリック20°にもどしてやってみようかな、とか考えてます(あんまりコケるようだとね)。


 お次はNSX。


 フロントまわりのアルミパーツをごっそりノーマルに戻してみました。
 デジタル計量器で測ると、138g。
 アルミてんこ盛りのときが139g。ちょっと軽くなった?計量器が正確かどうかは、また別の問題で(笑)。

 こっちは、たまにハンドルこじるとコケるけど、たいていはプッシュアンダーが多く、フロントのグリップが重量に負けてるのかと思って。

 とはいえ、トラクションが強すぎるのかもしれないです。こいつ、結構加速力があって、そのせいでプッシュアンダーになっているかも。
 でもそれじゃあ、対処策はユーザーの指使いにすべてがかかるではないですか……やっぱそうか。
 デリケートな操縦を……


2011年10月5日水曜日

【Mini-Z】ああ、逆周りか……

 前回、MR-03N-RMの車高とかちょっと変更してみて、さぁどうだ? というところでしたが、コースの周回方向が左周り(前回も左周りだったけど、みんなで右周りしていた)だということを失念していました。

 本来、どっちでもちゃんと走らないといけないんですが、どうも今のコースレイアウトでは右周りのほうが走りやすいのです。

 なもんで、人が走っている間は、同じ条件での比較は難しく、苦手な逆周りなので、よくコケる。
 というか、ハンドルの初期に敏感すぎて内側によく当たってしまいます。
 これはどう改善させればいいのか、検討中……。

 コーナー出口でもリアのグリップがすっぽ抜けるような感じで、オーバーステアになるけど、この辺は単純にリヤのグリップ不足だから、新品のラジアルにすれば解決すると思う。

 さて。皆、ピットインしてコースがカラになった頃合を見計って、右回りを試してみることに。
 はい、ど安定です。
 これはちょっと、この方向に慣れすぎている感じですかね。左周りにも慣れないとダメだと実感。シャシーは悪くない!(たぶん)

 そのあとは、GTカー祭りで、NSXをぞんぶんに走らせました。


 ところで、RAYBRIGのHSVボディが出るそうですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 限定発売?
 なぜだ?
 ゲットしなければ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!