2011年9月30日金曜日

【Mini-Z】セッティングの見直し

 ミニッツはシャシー下にICタグを取り付けて、レース時などはラップを計測するので、あんまり地上スレスレの車高だと擦ってしまって、ちゃんと走らないのです。

 と言いながら、ICタグをマルコはまだ取り付けていませんが、取り付けられる車高にも慣れておかないとダメなので、多少セッティングの見直しをしてみました。



 これまで、フロントはナックル下に金二枚入れており、2mm車高を下げていました。
 それを金一枚、1mmのローダウンに改め。

 リヤ側はモーターケースとTバーの間に、0.5mmほどの(0.6mm?)スペーサーを2枚で、1~1.2mm。それに加えて、シャシー下とTバーの間に入れるリアサススペーサーを、R246製の0.5mmダウンのスペーサーに変えていますので、合計で1.5~1.7mmダウンくらい?

 で。
 フロントを1mmアップ。金スペーサー一枚。
 リヤのモーターケース下のスペーサーを一枚、0.5mmほどアップ。



 これで行くと、けっこう転びます。
 だいぶ気を使う仕様になりました。で、あんまり早くない(爆笑)。
 タイヤは前後とも30°なんですが、本来ラジアルなのが溝なし状態。



 タイヤ径は、前輪23mm、後輪23.5mmというところです。
 一番おいしいくらいのところでしょうか。しかし、後輪ラジアルの溝ありグリップの感触からすると、溝なしはもう全然ダメって思ってしまうくらい。

 リヤタイヤを新品のラジアル30に変えてやれば、もうちょっと良くなるんでしょうが、今回はこのままいくことにします。

 さて。
 あんまり転ぶので、リヤだけ車高を戻して、フロントはキャンバー角を変えてみようと思います。
 フロントのキャンバーは金スペーサー一枚を入れて、見た目結構ついているようにしていましたが、それをノーマルに。

 しかーし。
 スペーサーを全部取って組んでみると、ナックルとアッパーアームの間に隙間が!


写真では車重がかかっていますので、下側に隙間が(笑)
 昔の車高調やないんやから、隙間て……

 原因はなにかと思ったら、なんのことはない。
 ブレースバーにアッパーが当たってフロントスプリングが伸びきってないのです。

 これかー、京商がブレースバーをリニューアルさせた原因は!
 今までバネにテンションかけすぎていて、その不具合に気付かなかったぜ(汗)。

 とはいえ、新型ブレースバーのフラット形状より、旧型の形状の方が好きなので、ナックルの隙間には、0.5mmのスペーサーを入れ、キャンバーを心持つけた状態で対処。
 これ以上はキャンバーは立てられません!

 今度はこのセッティングで走らせて結果を吟味しようかと思います。




2011年9月17日土曜日

【Mini-Z】ミニッツカップ2011 IN 神戸

というわけで、ミニッツカップを観戦してきました。
神戸大会の参加者数は多いらしく、厚みのある公式レース模様でした。

地元の参加者の走行風景を撮りたかったのですが、スマホカメラでは……



この辺が限界。
何が写ってるのか、さっぱりわかりません(笑)

練習走行の終了する時間が、すでに正午なので、なかなかの長丁場ですよね。
さすがに全部は見れないので、オープンクラスの予選を見終わったあたりで撤収。

そうそう。
昼の間、例のミニッツバギーの実物が持ってこられていて、触ってきましたよ。


MR-03よりは一回り大きいとはいえ、実物はやっぱり小さくてかわいい。


公式レースとかが予定されているわけではないので、どれほどまで継続して売られるかが、こちらとしては問題になります。
スペアパーツの安定供給は続けて欲しいもんですよ、買おうかと思っている身としては。



Vモーターを搭載してやれば、結構なスピードで走ってくれるようです。
さすがに、ホットショットみたいに山道を走破するには、大きさ的に無理なので、フラットダートを周回させる方向で。

で、レースを見た後は、いつもの場所でいつものメンツと。
今日はひっさしぶりにNSXを走らせました。



2011年9月15日木曜日

【Mini-Z】そういえばミニッツカップ直前

 今日は平日だし、一人のんびりとドリフトかなぁと思い、ミニッツコースに行ったんですが、ドリできたのは1パックだけでした。

 そういえば、あさってから二日間の京商公式レース、ミニッツカップがあるんだっけ。
 なので、その手のうまい猛者たちが練習にやってきて、ドリどころじゃなくなりました。
 
 でもその1パックのうち、一周だけ、そう一周だけなんですが、どこにもぶつからず、かつ自分的いい感じでドリれたので、満足でした。

 さて、カップ組の練習の邪魔にならないよう、ちょっと離れて走ったりしてみましたが、コケるわ刺さるわ。これがなくなれば、自分もカップ出場くらい胸張ってできるんですが、なかなか……。

 現在のコースレイアウトでは、ほぼ全開で軽くロールさせながら抜けて行く左の高速コーナーがあって、右のリヤタイヤが異様に減ります。
 左右差がすさまじく、左は溝がだいぶあるのに、右はもう少しでスリック状態。
 ラジアルは溝の切り方で左右が決まってますので、左右入れ替えをすると逆溝になるんで、基本的にそれはしないんですよね。

 けど。

 背に腹は変えられません。
 逆履き。もったいないもんねー。

 走行特性に変化? いやぁわかりません(爆)。
 右のグリップ上がってちょうどいいんじゃないですか? ってレベルです。


 あと、走行時のギヤ鳴りがひどく、ギャンギャンいってます。
 ピニオンギヤの先が細くなって、もうちょっとで歯飛びしそうでした。
 そう思ってピニオンギヤセット買って帰らないとー……っと忘れてました(汗)。
 手持ちの緊急用をとりあえずセット。
 手で回しただけでも、音の違いがわかるという。


 もうついでなので、各部メンテしてやりましたよ。
 きれいきれいになりました。
 明日の夕方も誘われましたので、ちょうどいいや。


2011年9月10日土曜日

【Mini-Z】クラッシュ二連発

 今日は、ラジ友の一人がラジコン・バギーの練習をするからというので、ちらっと覗きにいきました。
オフロードコースです。

2WDのEPなんですが、よくまぁ砂の浮いたスリッピーなコースをスピンもさせずに走らせられるなぁ。
と感心していると、どうも調子が悪いらしい。
ESCの設定か、特性かでドラッグブレーキが強すぎるとか。

ふ~む。傍から見てたらいいように走っているようでも、操縦者にはそうでもなかったのだな。
それはミニッツでも1/10ツーリングでも一緒とはいえ、バギーコースはあまり見る機会がなかったので、その豪快なアップダウンだけで、十分目の保養に。
公園や空地での走行とは、また違った境地。出走台数もそれなりにあったことも一因でしょう。

とはいえ、オフロードレースには開眼しないのだ(笑)。


でま、その後そのラジ友とはミニッツコースで再合流ということに。



で、そのミニッツだ。
何パックかの走行ののち、なんか直進しないないなとか、違和感を覚えていたら、なんとアルミホイールが歪んでしまっているじゃないですかっ!
写真ではわかりにくいでしょうが、軸部分がホイール外円の中心にないんですよ。

相当、ハードヒットしないとこんなことにはならんでしょ。もちろん、激しいクラッシュを幾度も。
だがそのたびに立ち上がってくれるシルビアさんに、「さすがシルビアさん。なんともないぜ!」
とか油断してました。
アルミホイールの破損は初めての経験でした。


さてお次は。
もうそろそろ来るだろうと思っていた、ボディマウントの破損。
前からひびが入っていてやばいな~と思っていたら本日がとどめの日でした。
ロックスターカラー付属の黒マウントをスペアに持っていたので、速攻交換。
なんか剛性が上がったような……。

2011年9月8日木曜日

【Mini-Z】MR-03N一本

 ホームコース上では、だいぶ仕上がった感のあるMR-03N(シルビア)なのですが、やはりタイヤが磨耗すれば、その分挙動が安定しなくなるわけで。
主にコーナリング出口付近での、リヤのすっぽ抜け→ハーフスピンと、フロントのアンダーステアに現れてきます。
特に今回は、フロントのグリップ不足を強く感じました。
タイヤがだいぶ減ってまして(それでも、まだ使える範囲ですが)、削れかたが割合荒くなってきてましたので、早めに交換しようと思いました。


現在のタイヤのセッティングは、前後ともに30°のナローですが、基本、フロントはスリックでリヤはラジアルです。
ですが、今回は前後ローテーション策で。

まず、リヤで使って溝のなくなったラジアルをフロントに回します(擬似スリック)。
溝がなくなったと言っても、その時点でタイヤ径23.5mmでした。
ミニッツカップなどの公式レースのレギュレーションで「23.0mm以上であること」と定められている条件にも合致できます(レース出ませんが……)。
そして新品のラジアル30°をリヤに装着して出走。

仕上がってる感があるのは、この新品タイヤとやや直径のあるタイヤをつけても、あまり転ばないというあたりから、実感できています。個人差はあれど(笑)。

本日は、平日とはいえ利用者が多く、並走に興じすぎ5時間コースで遊んでしまいました。
ミニッツでは最近珍しい長丁場。
それをすべて、MR-03Nシルビア君で走り通しました。
一緒に走ってくれた人たちには、お礼を申し上げます。お疲れ様でした。

2011年9月5日月曜日

【Mini-Z】ミニッツバギーの追加情報きた

http://www.kyosho.com/jpn/fun/special/miniz_buggy/MB_web/index.html

http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.html?product_id=108025

http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.html?product_id=108028


京商のHPで、ミニッツバギーの追加情報がアップされましたよー。
やっぱオプティマかっこいいなぁおい!

あと、どうやら現行1/10バギー『レーザー』のボディも出るみたいで、カッコウだけは新旧対決できるようなそんな感じ。

シャシーは、まずサーボがコアレス式のモーターなので、MR-03(現行ハイエンド)と同じになりますか。
MA-015(AWD)のサーボは古い設計のままだったことを考えると、なかなか京商の本気具合が見えてきます。
駆動モーター真ん中置きで、電池は左右配置のバランスのいいレイアウト。
なんかジャイロも装着できるようですが、AWDと同じで無いとまっすぐ走らないのだろうか(笑)

駆動部はスリッパークラッチ装着とか、えらい装備の奢りようで気合入っているなぁ。
これで部品供給がすぐ止まらなければいいが……

価格は¥17,325 ってことなんで、実売は¥14,000くらい?


それにしても、タミヤとかのツーリングシャシーって、もとはバギーとかのバスタブシャシーから発展しているわけでしょ?
なら、ミニッツレーサーも、今後このバギーシャシーが基準になって、オンロード用にチューニングされ、主流は四駆ツーリングとかってなったりして。

2011年9月3日土曜日

【Mini-Z】ユーラスェ……

 台風&豪雨の最中、ミニッツ行きましたとさ。
インドアサーキットは、その点で都合がいいのですが、さすがに誰も……(涙)


じゃあ今日はまったりドリドリだな、とMA-015をセットして出走。
リヤのリジッドアクスルはすこぶる調子がいい。
ハーフスロットル多用で、なんとかコーナーをドリフト状態でつなげられましたが、まだ一周どこにも当たらずにドリきることはできないですね。

ドリフト専用コースじゃないから、難しい。

2パック目に行こうかというとき、別のユーザーが登場。
そこからは、さすがにドリは仕舞い、S15を。

で、調子はいいんですよ、S15。
しかし、どういうわけか、何回か走らせたあと、やたらとアンダーで反応も鈍いので、おかしいなぁと思ってユーラスの設定見てたら、デフォルトですらないような設定になっていました。
しかも登録ネームが「MR03 S15」なのに「MR03 S1」になっていまして……なんじゃいこれ。

ステアリングのバランスと、スロットルハイポイント、バックポイントがそれぞれデフォルトに戻っており、ステアリングのスピードが33%とかやたら遅めに、効きはじめも遅れる設定となっていました。

原因は不明。
電池が少なくなったから?

高いんだから、しっかりしろ、ユーラス!