2010年5月26日水曜日

【ラジコン】デフケースの中身は……

 はい。昨日の続きです。
昨日はデフケースに穴があるとか言いましたが、とんでもない見間違い。
おまえいっぺん眼科行けっていうくらいの見間違い。
おっかしいなぁ……








【リアのデフケースを開けたところ】

穴などなかったので、当然ダスト侵入などあろうはずもない。
むしろ、開けたときに隙間に残っていた砂利っぽいのが入って「いらんことした!」状態でしたorz
ギヤ各部は、いい感じでモリブデングリスが拡がっている様子(だと思う)。
真ん中の大きなギヤがドライブギヤ。左側の穴からは、モーターのピニオンギヤが挿入される。
右側のがデファレンシャルギヤ。
デファレンシャル、通称デフは、左右の車輪の回転差をつける機構があるギヤ。無負荷のとき右輪を時計方向に回すと、左輪は反時計方向に回るってやつ。小回りするときなどに有効な機構。
実車の場合、リミテッドスリップデフってのを装着して、左右に回転差が出ないようにして後輪を滑らせてコーナリングすると早いわけですが、ラジコンでもそういうアイテムあるのかな?
TT01などのラジドリ車用にはありそうだな。HOT-SHOTでそれが有効なのかはわからない。

せっかく開けたので、清掃してグリスアップする。






【リアのデフケース反対側】

ベベルギヤ。こいつが前輪へと駆動を伝えるプロペラシャフトにつながる。
デフケース開けたときに、ゴミが入っちゃったのでキレイキレイにしましょう。開けなければ、そんなことしなくて済んだのだ。






【プロペラシャフトの軸受け】

ここのベアリングは外部に露出しているので、エアーで飛ばしきれなかった汚れがいっぱいついてました。前後輪を連結するシャフトの軸受けなので、一応気をつけておこう。
でもヘタにオイルスプレーとかで流してしまうと、デフケースの内部に流れ落ちるので、その点は留意しないと、結局バラす羽目になると思う。

とまぁ、結論。
デフケースはしょっちゅうバラす必要はない。
ただ、モーターのピニオンギヤは金属製なので、ドライブギヤの磨耗を考えて、あまり負荷のかかりまくる走行は長時間しないようにだけ気をつけよう。

2010年5月21日金曜日

【ラジコン】ダートを数回走らせて

 HOT-SHOTでフラットダートのフリー走行を堪能すること数回。
微妙なウェット加減で砂は乾燥しきっていなく、やや泥チックな感じで車体を汚していた。
ダストのギヤケース内への侵入があるかないか、ちょっとバラして確認しようと思う。



 さて、今はちょうど夏へ向けての冷暖切り替え期。いつになく連日定期清掃に入っており、大したことはないのですが、時間がちょっと少ないのですが、その合間に次の休みに向けて我が愛機、HOT-SHOTの整備をチマチマとやっていこうとしています。
気合を入れればなんてことない。すぐに済むような作業ですが、ボチボチやることに意味があるのさ(ないわ)。






【作業ケース】

一応、リア側のデファレンシャルギヤケースを本体から切り離したところでやめた(はやっ)
ここにいくまでも結構邪魔臭く、ダート走行を楽しんだ反面、その返り汚れも相当なモンで、やはり長持ちさせたいじゃないですか。汚れはこまめに落としてやって、アーマーオールでツヤ出ししてあげるのです。

ある程度はエアコンプレッサーで汚れを吹き飛ばしているので、外面は言うほど手をいれなくてもOK。
今回気にしているのは、↓






【リアデフケース】

このリアのデフケースの内部へのダスト侵入。
真ん中のビスの上くらいに、ちっと穴があるんですが、こいつなんのためにある穴かわからんのですが、ここからダスト入るんちゃうんかい? と。
空けてみて思った以上にダスト侵入していたら、塞ぐ手立ても……
しかしまぁ、なんのために空いている穴やら。

つうわけで、ここまで。このあと、つづきがあるのかないのか。

2010年5月16日日曜日

【ラジコン】HOT-SHOTと散歩


 いやぁ、いい天気すね。
忙しい中の中休み、ちょっくら散歩にでかけてきましたよ。
つい数ヶ月前の自分なら、そんなことめんどくさがってしなかったというのに。



 場所はそれなりの大きさのある公園で、そこまではさすがに徒歩というわけにもいかず、お車で出動。
マシンを持って行くので、車は必須だけど。
桜の時期は、そりゃあ混みまくる公園なんですが、日曜なので結構人がいる。子供連れもさることながら、ウォーキングする人とか。
広めの駐車場側では、けっこうお年を召した数人が、ラジコンと工具広げて楽しそうにやってました。マシンはオンロードなので、公園内には来ないみたい。



 公園内はウォーキング通路と広場があるのですが、HOT-SHOTは華のオフロードカー。しかもフルタイム4WD。悪路を走らずしてどうするのか!?
つうわけで、マルコも一緒になって誰も歩いていないところを、テクテクと。
松のはっぱ(?)とまつぼっくりが落ちていて、けっこう滑る。しかしぐいぐいと進んでいく我がHOT-SHOT。



こういうダート面だと後輪滑らせて走れるのでおもしろい。
モーターをダートチューンのに交換したけど、それでパワフルなのか、結構な坂も上りますね。
デフをロックすれば、もっとおもしろい悪路走行するのだろうか……



草の陥穽にはまり後輪がスタック。
こういうとき、四輪直結だったら前が引っ張るのかな。
たいがいは自力で脱出できたけど、このときはさすがに救出してあげた。



オンロードでスピード出すのもおもしろいけど、こうやって普段行かないところを散歩がてらに走らせるのもおもしろい。山みたいに起伏があると尚よろしい。

2010年5月8日土曜日

【ラジコン】ホットショット2007

 愛車シルビアS15を売っぱらい、機械的な趣味を一時放棄していたマルコですが、てなぐさみにラジコンを購入しました。
なぜラジコンか?
もともと好きだったということと、季節がらですかね~。
ま、いっとき熱入って、すぐ冷めて、また……という繰り返しなのは目に見えてます。クルマで走らなくなったぶん、こういうのに回す時間というのができたということですかね。



 ラジコンは小学四年生頃にはまり中学生ごろまでやってたように記憶します。そのころになると、ファミコンだのMSXだのの、家庭用ゲームに傾倒し、アウトドアなラジコンからは離れていったのでした。。。
成人してからも、何台かラジコンは購入してました。
京商のハングオンレーサーっていう二輪のラジコン。当時はバイク(GSXR400R)に乗ってたので、その影響だし、タミヤのMシャーシでアルトワークスのボディ乗せてたりとか。その当時は当然、アルトワークスに乗ってたから。
で、5年前くらいにはタミヤのTG10mk1というエンジンカーを購入。ボディはNSX。当時はNSXに乗って……んなわきゃない。GTレースが好きだったからでした。

今回は小学生ごろの良き時代を懐かしみつつ、タミヤが復刻させたいにしえのラインナップをみているうちに、しらずしらずにポチっと。ポチっとしたのは、ホットショット。当時は高くて買えなかったブルジョワなマシン。
あの頃の記憶が蘇る~~。
ちなみに、復刻で出てるグラスホッパー、ホーネット、マイティフロッグなどは、その当時の仲間が持ってたマシンで、涙すら誘う。さすがに全部は購入できんが、グラスホッパーくらいコレクションで買おうかな……



 【ホットショット2007】
河川敷のベンチの上です。このあとジャンプ(落下)します。レーシングバギーは悪路走行が華ですからね。
しかし……遅い(爆)
こんなもんか、昔のシャーシだと。
それまでエンジンカー動かしてたってのもありますが、どうもパワフルじゃない。
手持ちのMシャーシ(M01)と比べても、なんか遅い。
M01シャーシは前輪駆動タイプで、車重が軽い、二輪駆動でロスが少ない、さらにはオンロード車つうことなんですが、レーシングタイプじゃないM01と比較してもあきらかに遅い……




【後姿が男前】
しかしこのかっこよさをみてくれたまえ。
これを見てニラニラするのが、正しい楽しみ方に違いない。



【前からも男前】
もう少し直線を早くしてやりたいので、帰りにダートチューンモーターを近くのジョーシンで買って帰りました。むかしはパワーのあるモーターといえば、ブラックモーターというのがあって、なんか非常に高かったように記憶してますが、今日購入したモーターは2600JPY。そんなもんだっけ。やすくなってる?

近くにはフラットダートも山も結構あるので、こやつを連れて歩くってのも、なかなかいい散歩になるだろうなぁ。