2010年12月26日日曜日

【M-05】初チキチキ動画

最近のホームコースになりつつある、城山グリーンヒルスピードウェイ・サーキットでの、ラジコンチキチキ動画を初編集!

M車で、あの広いSGSサーキットを走るってのは、エンジンカーとかやってる人らには恐縮なところですが、前後追走するには、余裕ある広さでM車のまったり感がちょうどいい。

車載カメラは先日搭載した、キーレス型ミニカメラです。
MotionJPGからAVIへのエンコード、ニコニコムービーメーカーでの編集、さらにFC2へのアップロードで、ちょっと画質がアレですが、初動画編集。酔いそうな動画ですので、観るときは気をつけてください。





2010年12月22日水曜日

【TT-01R】またまたニューボディ

『TT-01Rヒマなとき駐車場くるくるドリフト用』ボディが完成。

っていっても、手がこんでいるわけでもない、ふつうのどこにでもあるモノ




シルビア純正色のブリリアントブルー。
実際はもっと濃い感じだとおもったけど、缶スプレーじゃこんなもんか。


駐車場くるくるドリフト仕様なので、LED電飾は必須。
ストロボとか明滅はしません。そんなユニット組み込めなかった……(セコセコ電飾)
にしても、9V乾電池一個で六灯光らせるのはちと厳しかったか?
ちょっと暗い。


後ろ。一番外側だけ。
バックランプやブレーキランプはこの際いいでしょ。

基本コンセプトは「マイカーに似せる」です。もうマイカーじゃないけど。


これ。
むかし「カーロード」っていうクルマ雑誌に載せてもらったマルコのシルビアね。
考えてみれば、ほとんど写真とってなかったという事実……わずかに残っててよかったねー
今はもうこういうスポーツなクルマは(ラジコン積めないので)乗る気がしないけどね。

さて。明日は城山で走行会。
オンボードカメラで走行中の様子も撮れるし、それが楽しみだー

2010年12月16日木曜日

【M-05】車載カメラを取り付けてみた

 今回は、M-05シャーシに車載カメラを取付けてみました。
これで実際のサーキット走行を、オンボードカメラのようにしてあとで観賞できますぜ旦那!

さて、どういうカメラを購入したかと言うと……



なんかー。いろいろ類似商品あって値段もマチマチでわけわからんのですが、なんせこんなヤツを購入したわけですよ。




オンボードカメラ風を狙ってますので、カメラはボディの中から撮るようにと考え、シャーシに搭載。
あまり重くなると走り(特にコケ)に悪影響がでるので、できるだけ軽量にと。
んで使用したのが、この……材料名がわからん(笑)
ホームセンターでふつうに売ってる、プラのダンボール? けっこう強度がある。


カメラは一応、簡単に取り外しができて、なおかつズレたりしないように固定。
クッション材とかかませて、揺れを防止するべきかと迷ったのですが、固定してしまうとあんまり変わんない気がして、とりあえずはクッション材はなしで装着。

これでサーキットでのチキチキ走行(複数台のマシンがつかずはなれず周回する)を動画として保存できる。
帰ったあとも悦に浸れるってもんです。


左からワンダーシビック、ユーロ仕様シビックType-R、バラードCR-X




2010年12月2日木曜日

【TT-01R】ラジコン購入計画も佳境へ

 夏前にラジコンをやり始めて、はや半年。
山登りに4WDバギー、室内お手軽サーキットにMini-Z、屋外舗装サーキットにMサイズシャーシとツーリングシャーシという具合に、ひとくちにラジコンと言っても、TPOに合致するようにそれぞれタイプの違うモノを随時購入して遊んできたわけですが、その最終章ともいうべき、1/10ツーリングシャーシをこのほどポチり、届きました。



 といっても、そんなに金をかけてしまうわけにはいかないので、入門マシンとしてスペアパーツも豊富なタミヤのTT-01というシャーシにしました。
上位クラスのTA-05とかいうのもあるし、それにしたほうがいいと言われましたが、イニシャルコストの面で妥協せざるを得なかった。ハイエンドっていうものには、モーターにせよアンプやR/Cメカにせよ、いいものでないと釣り合わないんじゃないかという強迫観念にかられてしまうタチでして。
その延長で、エンジンカーもお蔵入りですね。エンジンカーは金はかかるけど、エンジンかからず(爆)。かなり気軽さにかけるということで。

で、今回のは入門マシンということで、非常に気楽なチョイスでモーターやメカを組んでみました。


このシャーシはフルベアリング、オイルダンパー、アルミプロペラシャフトなどなど、最初から最低限のオプションパーツが組み込まれているので、ラクです。
一応、KOのエントリーモデルのサーボと受信機を組み、モーターはOPTION No1のマルチブラシレスシステムVer.2.1ダッシュというのを入れました。
初、ブラシレス
従来のブラシモーターに比べてローターの電気的な負荷が少なく、パワフルなんだそうな。最近のDCモーターはだいたいブラシレスになりつつあるのかな……エアコンのファンモーターなんかそうだよな(本職)。
基本、メンテナンスフリー。調子が悪ければ、アッセン交換!


んで、ボディ。
ホントはS15シルビアでも、乗用車カラーのブリリアントブルーで塗って、走り屋風味のステッカー貼りたかったんですが、とりあえずエンジンカー用に購入していたのがあったので、それを流用。
ヨコモのドリフトパッケージ用のボディなので、ドリ車じみてますが、れっきとした周回用マシンなんですよ。
あ、ホイルはディスプレイ用です。
ホイルもTE37でオフセット+7とか、どうみてもドリ車ですが、写真だけ……のはず。


マフラーから火は出ません。
脳内変換で、マフラーはバーディクラブのつもり。
GTウィングにしろ、すぐモゲそうだなおい。

ところで、ヨコモのこのボディはドリ車用ということもあって、車幅がずいぶんある。
ホイルも26mm、オフセット+7で、ツライチっぽい感じなんですが、これツーリング用のホイルには無いサイズなんですよねー。
26mm、+4あたりで、どこまでトレッドが稼げるかわからんけど、そのへんでセッティングしてみましょうか……

TT-01はよくコケる、とも聞きますし、タイヤチョイス、車高の調整、スタビライザー導入などなど、試していくことは多いようで、これから楽しめそう。




2010年11月27日土曜日

【ラジコン】山登りIN鹿嶋山

 天気のいい週末、我がHOT-SHOT様とともに山登りに行ってきました。

播磨のアルプス、播磨富士なぞと呼ばれる高御位山……を登るつもりだったんですが、初めてということで、手前の鹿嶋山をぐるりと二周(二周したんか)。

突入ルートは一願成就の鹿嶋神社横からのハイキング道。なんの変哲もなく、普通に登り道へ。




紅葉……?
なんか緑が多いような感じもするが、ところどころ色づいていて、実際にはそれなりに。
もっと高いところまで登れば、もっといい写真が撮れるんだろうけど、ケータイカメラだし、まぁこんな感じ。
HOT-SHOT様は相変わらずの男前。



こういう坂道は言うにおよばず、多少の岩場でもモリモリ走っていく、その走破力にしびれるあこがれるぅ!
落ち葉で敷き詰められていても、ほとんどスタックすることなくクリアしていくさまは、さすがLi-Poパワー。



手前の木がいい感じで赤くなっていたから、それと一緒に撮るはずだったけど。
動画も撮れるようにしたいもんですなー

お次はさらに近場のハイキング道を開拓するべし。

2010年11月15日月曜日

【ラジコン】バギーカーでLi-Po

 ラジコンはオンロードが主流になりつつあるけど、そもそもマルコが今年、ラジコンをやろうとした動機は、オフロードカーでどこでも走れるから、山道とかいいじゃんと思ったからこそでした。

んでも、オンロードカーのサーキットを知ってしまい、そっちに傾倒していたのでした。
そんでそのオンロードカーでハイパワーと持続時間を搾り出してくれるバッテリーで、Li-Po(リチウムポリマー)ってのがあるんですが、これがまたホントにいい出力加減で……取り扱いには注意しないといけませんが(過充電ししぎたり、暑いところに放置したり、直射日光浴びせたり、高熱になるようなことをすると炎上します。いやマジで……↓参考動画)

【リチウムポリマー電池発火】
http://www.youtube.com/watch?v=AKBaaeFMK9k
(動画を埋め込むとレイアウトが崩れるので、リンクで)

まぁ、そういうバッテリーを今度はオフロードカー、4WDバギーであるHOT-SHOTさまに乗せて走らせてきたんですよ!




土手(?)の上から、河川敷(のような場所)へ向かって降りるところ。
雨とかで流水の通り道になっているのか、ところどころむき出しになっていて、これがまたオフロード(意味不明)
いっぺん下まで降りて、この斜面を駆け上がるのが課題。

 

登るところですが、最初から勢いつけすぎてひっくり返った。
Li-Poパワーは停止状態から発進するだけで、ふつうにウィリーしやがります。斜面で前輪が浮けば、そりゃこけますが、これは違います。ただの横転だったりします……
 

今のところを登りました。
特に苦労せず、ただアクセルをオンにするのみ! でした。すばらしい。
 

最初の写真と似たアングルで、今度はこっちに向かって登っているところ。かわいいやつよ。
 

さらに別ルートで頂上(車道)を目指します。
 

はい。ごくろうさん。
ガードレールの向こうは実車が走ってますので、飛び出し厳禁です。

走行後は当然、鬼のように砂埃まみれなんで、こいつをちゃんとケアしておかないとダメです。
枯れ草もいっぱい絡みついとるし……

今まで出先でエアコンプレッサーが使えず(家庭用100Vだから)、家までドロドロのまま持ち帰っていましたが、今回は違う!
クルマのバッテリー(12V)を100Vにするインバーターを導入したのだよ、諸君。

【使ったエアコンプレッサー】
※あんまり消費電力が大きい大容量のヤツだとインバータといえど追いつかないので、小型タイプ。180W。
※タンク容量が6Lなので、一回で使える圧縮エアーはしれてますが、ないよりはるかにマシ
※閑静な住宅街で使うには、爆音(笑)。外で使えてやれやれです。


【使ったインバーター】
※定格500Wなので、クルマバッテリー直結型(ワニ口クリップのみ)。
※モーターなどの電動工具は、突入電力といって初期の電力消費が、その工具の定格の2倍から3倍を考慮しないといけないため、今回のエアーコンプレッサーは180Wといえど、これだけの大容量インバーターが必要でした。
※大容量だから仕方ないとはいえ、値段がはる……


HOT-SHOTをまるまるエアダスターする分の用途には、十分耐えました。
エアーの容量が少ないので、休み休みですけどね(コンプレッサーのモーターは連続運転してました。10分くらいかな?)
なんとか大丈夫そう。

ラジコンを整備・作業するための、アウトドア用折りたたみテーブル・イスセットも購入して、これで準備は万端!!


まだ使ってないけど、イスまで折りたたんで収納できてしまうこれは、モバイラー心をくすぐりますよなー

2010年11月10日水曜日

【M-05】大きなサーキット

 今日はちょっと足を伸ばして、城山グリーンヒルスピードウェイってサーキットに行ってきた。。。

全長がいくらあるかはわからないけど、マイM-05にとっては、とても広く長いコースでした。
ま、ここに来る人らはエンジンカーばかりみたいなんで、本来場違いなんだろうけど。




アスファルトが荒れてて、コースコンディションはさすがに良いとはいえなかった。けど、10月の後半にみんなで掃除をして、まだキレイになっているほう。マルコもちょっとだけ掃除に参加したんすけど、途中でやめた

ホームストレート、バックストレートは(M-05には)非常に長く、しかし気温が低いこの頃では路面のグリップは悪く、直線といえど気を抜けない。抜くとフェンスに吸い寄せられる…… 路面の荒れでハンドル取られるのかねぇ。

コーナーマーカー的に置かれてある、通称“円盤”も、乗ったりひっかけたりすると、マシンが宙を舞う。いやマジで。飛び込み前転しているのを、何度見たことか。広いから距離感を掴むのに苦労しました。



ピットからホームストレートに出て行くところ。
コース全体を写せないのは、ケータイカメラの性能が悪いから。ほんと、ちゃんとしたデジカメなりムービーなり欲しいもんですぜ。

いつも行ってるサーキットは人口過密的で、走らせるのにも多少遠慮がいりますが、こっちはほとんど走らせに来る人がいないらしく、広いこともあいまってのびのびやりました。
野外サーキットはおもろいです。




2010年9月17日金曜日

【M-05】今日はサーキットに行った

 今日は休みにして、1/10ラジコン用のサーキットに行ってきた。
前に行ったときは写真撮れなかったので、今日は1枚だけ撮ってきた。


これだけ(笑)

シビックのボディを作って初の走行なわけですが、もうなんっかいもすっ転び、すでにキズだらけ。ふっふっふ。
涼しくなってきたから、いいよ~

2010年9月13日月曜日

【M-05】M-05練習用ボディでけた


 ミニシャーシをサーキットで走らせるための、走行会バージョン・ボディができたーーーー
苦節四日……めんどくさ技術力がないので、かなりショボイものの、マイカーちっくな感じでの仕上がり。
『ステッカー貼っただけやん』という声は真摯にスルーするとして、ボディ制作どしろうととしては、これでとりあえず満足。






右ビュー。
ドリフトチューンナップシールというのが、ラジコン取り扱いメーカーから出てまして(ほとんど品切れ)、走り屋さんならば、当然のごとく見慣れたステッカー群。
そのうちの、仮想チューンナップパーツとしてメーカーを選んで貼り付けてみた。
ま、このへん完全に自己満仕様です。でも実際に自分のクルマだったら、こんな感じにステッカー貼るでしょう。定番です。
アドバンロゴのゼッケンは自作。



左ビュー。
もうね、ボディ取り付け位置が微妙に違ってしまいまして、ボディがやや後ろよりに……
タイヤハウスを結構、大きくカットしないとステア切ったとき、タイヤがフェンダーに当たるという。ガッデムですよ。
タイヤもはみだしてます。ちょっとボディの横幅が小さいみたい。
トーとキャンバーの調整で、ツラツラになってかっこよくなるかもだけど、走りも変わるんで、その辺は様子見てですかね。

SUPER PRIVATEは実際にお世話になったチューニングショップです。ステッカー、拝借させてもらってます。

これで、来週あたりサーキットにお邪魔したいな~




2010年9月9日木曜日

【M-05】M-05好調

 もう慣らしもクソもなく、さっそくサーキットにコースインしてきました。
常連さんが多くて、写真撮るのははばかられましたんで、参考画像なしです(ケータイカメラじゃ、近寄らないと絵にならんしね。デジカメが欲しいところだわ)。

ま、多いといっても総勢で10名ほど。
コースインしていたのは、最大でも5台ほどだったんで、土日に比べると少ない方かな。



 で、まぁ色々と物欲が増してまして……
ちょっとこんなボディが欲しいかな~とか。

ツーリングクラスではなく、Mシャーシをやる理由は、できるだけお金をかけないで、仲間とつつき合いしながらレースすることなんで、初期投資とはいえ、あまり散財するのもどうかと思いつつも……
ワンダーシビックのボディがあることを知ってしまった今……(ホントいうと、この後継機になるグランドシビックがあればベストなんですよね。EK9もいいし。←シビックずき)

モーターはタミヤのライトチューンが、そのサーキットでレースするときのレギュレーションなので、それをチョイスし、ちょっとしたところには、タミヤの販促罠、名づけて「青いパーツ」を奢り、あとはタイヤがランニングコストとしてのしかかってくる計算。
60Dファイバーモールドが2本1000円×2個、ホイルが4本セットの安いのが500円、インナースポンジが200円くらい。しめて3000円ほどが、タイヤ4本にかかるお値段。
まさすがに、一回走って終わるってわけじゃないとは思うけどね。

低ランニングコストを維持しつつ、クローズドサーキット走行を堪能するぞー

2010年9月7日火曜日

【M-05】M-05ロールアウト直前

 実はそれなりに近いところに、1/10電動ラジコンカー用のサーキットを併設しているショップがあることを、最近知りまして。

外!
アスファルト!
オイルの匂い……はしない
乾いたエギゾースト……もないけど、ギヤの駆動音と軽いスキール音がサーキットの雰囲気をいやがうえにも高める。

つうことで、走らせたいっ! それ用のマシンを購入しちまったとさ。
んでもって、せっせと組みましたよ。




今回購入したのは、Mシャーシというカテゴリー(?)のヤツで、実車でいえばFF駆動ベースの小型車。
軽四やシビック……はFF-03っていう、一個上のカテゴリーなんで違うけど、そのあたりのいわゆるライトウェイトな車たちがターゲット。
ミニやスイフトなんかのボディを載せて走らせるのですが、マルコはそこでアルトワークスをチョイス。
もともとM-01っていうMシャーシ出始めの頃のを持っていて、それ用のボディとしてアルトワークスを持っていたわけです(最近新調もしたので、練習用として使いまわし)。


ボディを載せるとこんな感じ。
タイヤがついていないのは、まだ接着剤が乾いていないから。
んで、M-01用とはボディ取り付け位置が若干違い後ろ寄り…… ステアをきるとタイヤがフェンダーに当たるという。
まぁ練習用ボディとして割り切っているので、切りますけどね。

それにしても、一ヶ月ぶりくらいに雨が降ってるのはいいけど、明日サーキット行きたいんじゃがのぉ。




2010年8月30日月曜日

【Mini-Z】Newボディ

 そろそろ自分だけのオリジナルカラーとかいうのを欲するようになり、痛車チックなモノを作ってしまいました。
アニメはあんまよ~知らんので、ゲームからチョイス。
名づけて『S15ビックバイパー号』




こんにゃの。
ステッカー作れるプリント用紙にプリントしたものを、切って貼っただけのお手軽製法。

説明しよう。ビックバイパーとはゲームソフト会社、コナミが誇る横スクロール・シューティングゲーム『グラディウス』においてプレイヤーが操る超時空戦闘機のことである。その超時空戦闘機は他に、ロードブリテッシュ、ジェイドナイト、ファルシオンβ、メタリオン、ヴィクセンなどがある。

つーわけで『グラディウス5』からパッケージのビックバイパーを頂き、イチゴーのボンネットに貼り付けたってぇ寸法さ。
これだけしか貼ってないので、ちょっと愛想なしだけど、まぁ最初だからいいか……
フォーミュラーD仕様のハデなカラーリングと違い、走っていてもいたって普通。ボディの色は最低でもツートンカラーぐらい欲しいかな。




2010年8月15日日曜日

【Mini-Z】お盆でもコースイン

 今日は朝から、タミヤの公式レース、タミヤグランプリをのぞきに行ってました。神戸ワイン城の駐車場を特設コースにしての公式戦……もちっとマシな路面はないのかと。
んでも今日は晴天でやたら暑く、予選を見ただけで退散しました。ムリ。



【Mini-Z】2010.08.15

つーわけで、ジョーシンに避暑。
ワイン城の近くにラジコンショップがあって、そこで新ホイールをゲット。
TE37ふうデザインのそれを、イチゴーに装着。

2010年8月12日木曜日

【Mini-Z】違うコース

 お盆休みの初動。今日は、ミニッツがらみで知り合ったラジともと、尼崎のタムタムに行ってきました。
そこには、ミニッツ用の広いコースがあり、いつものジョーシンコース以外の違うコースレイアウトを堪能できて大満足。




アドバン・ポルシェが豆粒のようですが、ジョーシンコースよりコース幅が広く全開区間も多く(というかほとんど)、思う存分走らせることができて爽快でした。
路面がいつものウレタンではなく、カーペットだったのでずいぶん勝手は違いましたが、おもしろい……
予備知識として、カーペットのほうがグリップが悪いので滑りやすいから、柔らかいタイヤをチョイスするのだ、などはありました。まぁマルコのポルシェさまはリア20°なので、これ以上柔らかくできず、ジョーシンセッティングのまま走らせました。

いやぁよく滑るけど、ブレイクしてスピンするほどではなく、軽く直進慣性をかけながら曲がるコーナリングは峠を走るに似た感覚があって気持ちよかった。
ただコースの側壁というかフェンスが木でできているので、ぶつかるとすごい衝撃が……モーターケースを支えロールを抑制するためのTバーってカーボンでできたパーツが真っ二つに割れたのは衝撃(笑)でした。ロールを抑えているパーツなので、ストレスは蓄積しやすく折れたのを見たことはありましたが……

走行時間2時間はあっという間に過ぎていってしまった。また機会があれば走らせたいものです。


帰りはまたジョーシンによるわけですが、その道すがら別なラジコンショップに立ち寄り、こんなものを購入した次第です。


S15!!
ついに買っちゃいましたよ、イチゴー。1/10用のボディも先月買いましたが。
1月に売りさばき、愛車としてはもうないものの、せめてラジコンをと考えていたわけですが、1/10のエンジンカーはあんまり走らす機会がなく、ちょっと死蔵気味なので、ミニッツならばその機会は増えるはずだ、と。

イチゴーのボディを付けるなら、シャシーはナロートレッドにしないといけないわけですが、まわりはそのナローを走らせている人らが多く、感化されたというわけです。がんばるぞー。

ちなみに、写真のホイルはあり合わせです。
フロントオフセット+1.5、リア+2.0。前後ともナロータイプのホイル。実際にはもう少しオフセットの小さいやつでないとダメっぽい。今のままでは、あまりにツライチすぎる。実車なら断然オッケーなレベルですが、ミニッツではフェンダーにタイヤがひっかかって盛大にすっころぶこと請け合いでしょう。




2010年8月4日水曜日

【Mini-Z】ピットが充実してきた


ホットショットの箱が映っているのがキモですな(笑

さて、なにかと物入りなラジコンなんですが、マルコのピットまわりもだんだん充実してきましたよ。

電動カーですんで、バッテリーの充放電はかなり重要。
エネループの充電器や、他社製のを使ってはみたものの、パワフルな充電器を追加購入。
エネループ純正だと3時間、他社製のだと1時間半だったのが、30分で充電完了してしまうという……それまでのが無駄になるわけですが、これも授業料と思うことにしよう。

んで、ノートPC用のクーラーパッドを流用。
下から風を当てるので、モーター冷やすのにすごくイイ(クーラーパッドを取られてアチアチのノートPCの運命やいかに!?)




2010年7月28日水曜日

【Mini-Z】ノーマルのほうが……

 結局、両方ともギヤデフにもどしちゃった……




ボールデフでもいい感じだったんですが、ギヤデフにするとなんか運転(操作)がラクになった気がしたんで、ポルシェもNSXもノーマルのギヤデフに変えてみました。
NSXのシャシーは最初からボールデフ組み込み済みのシャシーだったんで、ノーマルギヤデフを買いなおすという、ある意味屈辱の選択(笑

でもまぁ、なんかテールスライドしにくくなったし、つまづいてハイサイドするのが減ったので、まぁいいか。もっとも、タイヤが減ってきて安定しだした、というのもあるんで、一概にギヤデフだからとか、ボールデフだからというのではないと思います。

そうそう。
で、ついにNSXにもVモーターを入れました。ピニオンは8Tで。
それでトップスピードが上がっているので、減速とターンインのタイミングをミスったり、小回りしようとすると、つまづいてたのです。
前輪がボディに干渉してるみたいで、キングピンもロングからノーマルに戻し(これも再購入、多少マシに?
NSXはもうちょっと煮詰めていかなければ!

ポルシェは今のところ、これ以上なんもすることないです。操作の技量が車体に追いついてません。LMは気味悪いくらい走りますよ……




2010年7月18日日曜日

【ラジコン】今日は河川敷に

 梅雨も明けていい天気の休み(三連休ではない!)。
久しぶりにホットショットを走らせに、どっか手ごろなガラ場はないかと遠出しましたが、結局地元に戻ってきやがりました。
手軽なのは河川敷に限る。しかし中洲のガラっぽいところには、休日だけに家族キャンパーがチラホラあって、孤独にラジコンするってのもはばかられた……あそこはいつか平日に……





とまぁ、こういうところを走らせたわけですよ。
フラットなダート路面じゃなくて、ほぼ一本道でした。ジョギングしている人や、犬の散歩の人らとすれ違う、そういうところ。

タイヤが変わってる?
そう。フラットダートを走るためのレーシングスパイクをはかせてみたんですが、こういうところでは食わないですね。テールスライドしやすくてかっこいいんですが、草の上に乗るとハンドル切っても全然違うところに行ってしまうという。
 

いい天気だのぉ。
このまま海まで出たろうかと思ったけど、結構距離もあるんで断念。……そうか、砂浜が走りたけりゃ、そうすればいいんだ。よし、今度は……!


なんだか怪しげなブッシュの中を走る。結構背の高い草が茂り、サバイバルゲームにはちょうど良い感じ。しないけど。
 

はい。土手の上へ登りました。
一応、車から出て帰り着くまで、水溜り以外は自走で行けました。
土手の上りはさすがにコンクリート面を行きましたが、降りるとき(途中から車道になるんで、登ったまま帰るのははばかられました)は草面を飛ぶように落ちていった(笑)。

途中、野外で焼肉やってるカップルがいて、いい匂いをさせていました。焼肉かぁ~、食いてぇのぉ。んでも最近油断してて、ちょっと体重が…… いやいや、だからこそのラジコンウォーキングですよ。日焼けが痒い。

2010年7月14日水曜日

【Mini-Z】あたらしいもの

 はい。ラジコン三昧しております(笑)
連日、ジョーシン店内にあるミニッツコースに出没しているわけですが、このほど新しいシャーシとボディを買い増ししちゃいました。




こいつはJSCCカップエディションという、最初からオプションパーツが付属しているシャーシで、ちょっと高い。とはいえ、ノーマルシャーシを買って、のちのちパーツ交換していくよりは安いという値段設定。
シャーシタイプは、モーターがリアアクスルより後方にきているRMタイプ。実車でいえば、ポルシェとかワーゲンビートルみたいなリアエンジン・リア駆動(RR)方式の、ちょっとリアヘビーなシャーシレイアウト。


で、ボディがやはりというかまたかというか、NSX。
ただ、レイブリックカラーのが発売されてなくて、ちょっと妥協の産物的に、ARTAオートバックスカラーのNSXとなりました。……走らせに行くと、まわりの評判は結構よろしかったので結果オーライっす。
しかし「国光」とか100番のゼッケンが入っているレイブリックNSXもだせよなぁ~

このシャーシセットにはタイヤ・ホイールは付属しておらず、ボディセットのほうにそれがあるのですが、ホイールはいいのですが、タイヤは所詮付属もの……
スピンの連続でまともに走りやしない。
で、常連ズの話に聞き耳を立て、ハイグリップタイヤを購入。
……まともに走るじゃん! ボディセットについているタイヤは燃やして捨てちまえ!
ちなみに、今回チョイスしたタイヤは、フロントハイグリップ、リヤワイドハイグリップで、それぞれ30°。
写真についているのは、アルミホイールで、フロントナローでオフセットは+2.5、リヤワイドでオフセットは+3.0。
常連ズ曰く「アルミホイールなどいらん」とのことですが、アルミのほうがカチっとしているようで、とりあえずはこっちでやってみる。そもそもこの深リムと質感具合がいいのだよ。

走った感じは、ポルシェ962Cとさほど変わらないように思うけど、ちょっとステアリングが急だと、吹っ飛びます(文字通りね……)




2010年6月28日月曜日

【Mini-Z】ミニッツコースに行った





うむ、アドバン先生コースイン。
今日から進行方向が逆になり、同じコースレイアウトでも違った感覚。
ただまぁ、その進行方向は、初めてコースを走ったときのものなので、まだ馴染みが。
来月には、たぶんコースレイアウトが変更になると思う。それも期待。


けっこう慣れてきたと思うんだがなぁ……少なくなったとはいえ、ぶつかるのはなくならない……
しかも慣れてきたことで、スピードがあがっているのか、ぶつかる衝撃は大きいみたい。
アドバン先生、二回目にして左ライトまわり破損

はやい、はやいよアドバン先生!
い、一応補強用のパテ買ったけど、直せるか……

そしてアドバンボディは収納され、引退を願ったレイトンボディを再び装着。


レイトン教授、大破\(^o^)/

ミニッツコースはヘタなわたしにゃ修羅の道です!
ちなみにレイトンボディ、リヤのディフューザーも、なぜかモゲてしまい、どんどん軽量化(涙)されていっています……

今日はリヤのオイルダンパーと新しいモーターを購入し、次に備えました。
ボディ損壊率がもっと高くなるであろうことは必至なのである。




2010年6月24日木曜日

【Mini-Z】ミニッツ絶賛走行中

 ミニッツで遊ぶようになって二週間。
絶賛走行中ですよ~!

しかしながら上達が遅い。
今日はついにレイトンボディを破損させてしまい、使用を断念せざるをえなくなってしまいました。




左フロントカウルは無残にちぎれた。
これはヘタに走行させると、破片も出して迷惑だと思い、テストボディとしての役目を終わらせました。
いやぁ、まだまだよくぶつかります。

プロポのステアリングから、ニュートラルに戻すとき手を離すクセがあって「それは喬正したほうがいい。手は離さずに操作できるようにしないと」と常連さんに助言されましたんで、ただいま喬正中なんですが、まだ慣れないものだから、ぶつかる頻度は跳ね上がり、この状態に。

ま、それでもなんとか多少はマシになった時点で、本命ボディに出陣を願いました。
そ。マルコお気に入りのアドバンカラー。
スペアボディもさっそく注文し、練習用としておろしたのさ。


もうすでに何週も走ったあとですが、アドバン先生コースインの図。
まともに走らせられるようになる日はくるのだろうか。。。

2010年6月15日火曜日

【Mini-Z】Mini-Zで遊ぶようになって三日

 近場に走らせられるコースがあるので購入したMini-Z(ミニッツ)という小さいラジコン。
コースに通うこと連続三日。おもしろ……(さすがに連日はもう無理っぽいけど)
なんとなく操作の仕方もわかり、そろそろ改悪癖がむくむくと鎌首をもたげてきましたよっと。



【我が家の整備場】

Mini-Zは小さいから、場所をとらないというのが最大の利点(笑)
エンジンカーのエンジン整備してたシルバートレイ(守備力+6 byDQ9)内で十分作業可能だった。


今日の走行で完全にとどめを刺したフロントカウル。
ちゃんとライト的な部品もあったけど、全部すっ飛びさらに割れが入ってます。
でも結構、これが破損しつくすまではいかなかったんだな。



はい。瞬間接着剤でひっつけて、ライトのレンズもくっつけ、あとはアルミグロステープで補強。
アルミグロステープは、1/10RCカーのボディ補強とかいろいろ使うやつです。
テープでとめるのは、破損時の飛散防止という点でもいいかと思う。
走行会(実車ね)みたいに、レンズにビニールテープでばってんしてみようか……
このCカーボディは練習走行用と割り切った!
ところでこのアルミテープ、多少のウエイト効果あるのだろうか。わからんだろうな自分では。


というわけで、アルミでできたモーターマウントを装着。
なぜかこういうアルミ製品は青系が多い。
マルコは青(特にそら色)が好きなので、結果オーライなんですが、ブルーアルマイト仕上げとか、走り屋さんご用達ですよね。
これバックラッシュの調整ができるようモーターマウントがスライドできるんですね。
ピニオンギヤとデフギヤのクリアランスを適度に空けておかないとフリクションロスが発生するので、組み付けも雑にはしちゃいかんということですわな……
しかしバックラッシュの調整って、感覚的な作業だぜ……
むかし4A-G(ハチロク)のシム組み込みで一回だけ使ったシクネスゲージが、今ここに蘇る!
ギヤのバックラッシュなんかとれないから、モーターとシャフトの隙間で決め、だいたいのところで締め付けた。
あとは走ってみてのお楽しみ。

ミニ四駆用のスピードチェッカーでは、22k/mを記録。組み込み前は21k/mで、ちょっとだけスピードアップした?誤差の範囲?
ま、ヘンな抵抗はないってことは確認できたってことでしょ。